のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

赤ちゃんの歯磨き開始の時期・仕方は?いつするの?何回?

   

074034

赤ちゃんの歯磨きは本当に大切です。しかしやはり赤ちゃんも口の中に異物が入ってくるのですから、初めは抵抗してぎゃんぎゃん泣いてしまう子がほとんどです。

私にも子どもがいますが、子どもが歯磨きを受け入れてくれるまで1年はかかりました。

体をのけぞっていやがる、大泣きをするなど心が毎晩毎晩汗だくになりながら歯磨きをしていましたが、それでも虫歯にならないために歯磨きを親子で頑張らなければなりません。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯磨き開始の時期は?

少ししか歯が生えていない赤ちゃんの歯磨きはいつから始めればいいの?

と疑問に思う方もいると思います。

まだこれから丈夫な歯が形作られるのが赤ちゃんなので、清潔に保ってあげたいものです。

歯磨きのタイミングは下の前歯が生えた時点で開始します。おおよそ生後6ヶ月がそのタイミングです。だいたい下の歯が1~2本ほど生えてきたくらいでしょう。

歯の生え方には個人差があるので必ずではないですが、目安を知っておくだけでも安心できるでしょう。

また、歯が生えていなくても離乳食を始めていたら同時に歯磨きを始めてもよいかもしれません。口の中に異物が入る間食を覚えてもらうのも大事ですからね。

 

歯磨きの仕方・方法

096921

 

歯みがきの方法についてですが、歯ブラシを使った歯磨きだと繊細な歯茎を傷つけてしまったり、急にお口の中に大きなものが入るとびっくりしてしまうので、まずはガーゼや綿棒を使って行います。

磨くというよりか、軽く拭いてあげるという感覚です。歯磨きは嫌だということを赤ちゃんに思わせないようにしましょう。

 

私はゴム製の指サックの形をした歯ブラシを指にはめて磨くようにしました。初めは磨く、というより口の中に物を入れられることに慣れさせることから始めます。

トントン、と唇を触ったり、歯茎を触ったり、機嫌の良い時に遊び感覚でやってみて、徐々に慣らしていきました。

check!歯ブラシを口に入れたまま走り回って転び、喉を突いてしまうという事故が近年多いそうです。 歯みがきが慣れてきた頃に起きる事故です。

歯みがきは大事ですが、絶対に口に入れたまま動き出さないように気をつけなければいけません。

 

■嫌がる・・

あまり赤ちゃんがお口を開けたがっていないときに無理やり歯を開かせると泣き出すことはもちろん、そこで無理にやってしまうと歯磨きは嫌だという感情と結びついて、歯磨き嫌いの子になってしまう可能性があります。

 

なので、赤ちゃんに微笑みかけて歯を見せてくれたときに軽く拭いてあげるといいです。

「口をきれいにしようね」「すっごく上手だったね」などと言って赤ちゃんを喜ばせ、歯磨きの時間が楽しいものと思わせるようにしましょう。

歯みがきは少しずつ慣らしていけば良いです。一度に時間をかけるのはやめましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの 歯磨はいつする?何回?

096925

理想としてはおっぱいや食事のすぐあとにするのがいいのですが、歯を磨く回数は赤ちゃんの場合、朝と夜など1~2回程度で大丈夫です。

歯磨きができなかったときは食事のあとにお茶やお水を飲ませるようにして、口の中に食べ物が残りにくいようにするといいですね。

 

歯磨きは毎食後しっかりと磨くのが一番ですが、赤ちゃんがいつも上機嫌でいるというのは難しいので、あやしてあげて機嫌が良くなった時を見計らって行うとやりやすいです。

やはり睡眠中は口内環境が悪くなるので、まとまった眠りにつく前に歯磨きができるのが良いですね。

 

とはいえ赤ちゃんの間は嫌がって歯磨きをなかなかさせてくれないこともあるかと思います。そういうときは、いっぺんに全部の歯を磨こうとするのではなく、「朝は上の歯」「昼は下の歯」というように、何回かかけて一日トータルで磨くつもりでやると良いです。

一日で一度も磨いていないという歯がないように、前回どこの歯を磨いたか覚えておくと、磨き残しが減らせるのでオススメです。

 

まとめ

お母さんもあまり神経質になり過ぎないで、赤ちゃんの機嫌が悪かったり、嫌がったりしたら、無理に行わず手短に済ませたり、時間をあけてご機嫌が良いときに歯磨きするようにしてみてください。

また、赤ちゃんに歯磨きすることは楽しいこと、嬉しいこと、という感覚を養うために、少しでも歯磨きが出来たらたくさん褒めてあげましょう。

上手く出来ないとお母さんもイライラしがちですが、何とか歯を磨かせようと怒ったりせず、お母さんも無理をせず、楽しみながら行いましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

仏壇の処分方法は?魂抜きとは?買取は?粗大ごみに出せるの?

仏壇は、箪笥や食器棚と違い、不要になったから処分をするといっても雑に扱っては何か …

眠気が覚める方法25選!仕事中、勉強中に眠気を飛ばす方法とは?

スポンサードリンク 眠い…けれど今は絶対寝てはいけない!ということは多々あります …

赤ちゃんの猛暑対策、エアコン・クーラーを使う?服装は?夜はどうする?

  赤ちゃんの暑さ対策には、クーラーが欠かせません。 新生児のうちはク …

だるまの置き場所・飾り方は?捨て方、処分方法に気をつけよう。

スポンサードリンク   お正月によく買われるだるま。小さい頃から家に飾 …

お盆玉とは?相場は?お盆玉のポチ袋ってあるの?

スポンサードリンク   年に一回親戚の子どもにお小遣い…といったらお正 …

108の煩悩とは?これが煩悩一覧!?

スポンサードリンク   煩悩の数は108個あると言われています。私も煩 …

年の瀬とはいつからいつまで?押し迫ったり押し詰まったり。

スポンサードリンク   年の瀬が押し迫ってきて慌ただしい!なんて毎年末 …

古い香水の使い道はあるの?好きな香りを無駄にしない6つの方法

香水が好きな方は、一つの香水を毎日つけるというよりは、その日の気分やTPOによっ …

赤ちゃんはビニールプールはいつから入れるの?水温やオムツの疑問

最高気温が25度を超えると、もう結構な暑さですよね。 スポンサードリンク 大人も …

赤ちゃんをあせもから守ろう!赤ちゃんの汗疹の予防法と治療法

赤ちゃんをお持ちのお母さんの悩みにひとつに 「赤ちゃんのあせも」がありますよね。 …