のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

刺さった棘を抜く方法!抜かないとどうなる?放置すると心臓に?病院は?

   

252683

 

指などにトゲがささってしまう経験は、多かれ少なかれ誰にでもあるのではないでしょうか。

もの凄く痛いわけではないけれど、何かに当たるとチクッと痛くてイラッとして不快、トゲ全体が皮膚に入ってしまって困ることもあります。

一刻も早く取り去りたいと思うものですが、トゲの状況に応じて合った方法を使うと楽に抜けるかもしれません。

 

スポンサードリンク

トゲを抜く方法

151015_1904

穴あき硬貨を使う方法

  1. 5円玉か50円玉を用意してきれいに洗ってから使ってください。
  2. 硬貨の穴の中心にトゲの部分が入るように当て、ギュッと押し付けると皮膚が盛り上がってトゲの先端が見えてきます。
  3. 慎重に毛抜きなどでトゲを抜きます。

この方法はトゲの先が皮膚の表面近くにある時に使うと良いです。結構ぬるっと出てくるので面白いです。

 

針を使う方法

  1. 針の先端をライターやコンロの炎で赤くなるまで熱し(消毒の意味)、冷ましてから使います。
  2. 針の先でトゲが入った辺りから皮膚を破ります。
  3. 針がトゲまで届いたらそっとかき出す感じで抜きます。

この方法はなるべく皮膚を傷つけたくないので皮膚の浅いところにささったトゲを抜く時に使うと良いです。ちょっと痛いです。

 

おばあちゃんの知恵袋的な方法・梅干、はちみつ、野菜の汁等

梅干の果肉、蜂蜜、野菜(ニラやネギ)を揉んで液が出てきたもの、などをそれぞれトゲが刺さった部分に塗っておく方法です(混ぜるのではありません。単体で行います。)。

  1. とげの刺さった部分に上記を塗り、サランラップを塗ってしばらく放置します。
  2. どれも数時間後にトゲが浮き出てくると言われています。

特にはちみつには傷ついた組織を再生しようという働きがあるようで、その効果でとげを押し上げてくれるようです。とげが飛び出てきたらあとは毛抜きで抜くだけです。

この方法は必ず効果があるわけではないので、試してみる感じでやってみると良いです。

 

抜けないトゲはどうなる

127059

 

刺さったトゲを放っておくと血管に入り心臓に刺さってしまうと脅かされた経験のある人も多いと思いますが、これは医学的には全く根拠のない話です。

実際人間の体には自然治癒力が備わっていますので放っておいてもトゲは自然に出てくることが多いそうです。

今はほとんどありませんが、その昔は腐った木などにはまれに破傷風菌がいて、それこそ命取りになることもあったのです。そのため、トゲから細菌感染するのを放っておかないようにするための昔の人の戒めだったという説があります。

 

心臓に刺さることはないですが、トゲを抜かないでおくとトゲが深くに入り込んでしまった場合には、化膿したり痛みが取れないなどの問題があります。

細菌感染で化膿したりすることもあるので、やはり抜いた方が良いです。

 

スポンサードリンク

治療

128283

 

家庭で抜けないトゲは病院で抜いてもらいましょう。皮膚科外科で対応してもらえます。皮膚を切開することになりますが簡単に済んで、ちゃんと消毒してもらえるので安心です。

 

体験談■茄子のトゲが・・(Kさん談)

 

先日夕飯を作っていた際に新鮮な茄子を洗っていたところ、ヘタの部分のとげが左手の親指に刺さってしまいました。

痛い!と思って刺さった部分を確認したら毛抜きでつかめそうな程とげがみえていたので、少し放っておいて調理を進めていましたが、なんと取りにくいほどに深く刺さってしまっていたのです。奥まで刺さってしまったら抜きにくくなるので、刺さったらすぐに処置することをおすすめします。

五円玉や針を試しましたが、とげがとても奥まで刺さっていたので自力で抜くことができませんでした。痛みも増して来たころ、結局皮膚科に伺いました。

皮膚科では消毒された後、とげを抜く専用の針のようなもので簡単に抜いていただきました。

先生に聞いたところ、「自力でとげを抜くことはなかなか大変なので手間でなければ病院へいらしてください」とのことでした。とげは取れないと気になってしょうがないので、病院で的確に抜いていただくのが衛生的で安心ですね。

 

まとめ

たかが小さなトゲですが、刺さると痛いし不快で気になってしまいますよね。昔の人が刺抜き地蔵(とげぬきじぞう)を信仰したのも何だかわかるような気がします。

皮膚の表面に刺さっているだけであれば自分で抜くことが出来ますから、挑戦してみてください。意外とトゲが長くてびっくりすることもあります。

トゲを抜いたら薬用石鹸で洗ったり、消毒をしておくと安心ですよ。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

書き損じ年賀はがきの交換…期限や手数料について。寄付できる所も。

  スポンサードリンク   年賀はがき毎年必ず書き損じが何枚 …

花粉症で顔が赤くなる!?原因と対策を知り辛い時期を乗り越えよう

スポンサードリンク   春ごろになると花粉が飛び始め、くしゃみ、鼻水、 …

【簡単】手作りしよう♪通園バッグ・手提げ袋の作り方【動画あり】

スポンサードリンク 保育園や幼稚園に入園、おめでとう!の前に用意しなければならな …

消せるボールペン(フリクションボールペン)の仕組みと復活方法

スポンサードリンク 消せるボールペン、いわゆるフリクションボールペンはとても便利 …

子どものプールの季節!プールで移る病気は?予防策や感染してしまった時

夏場になると、子供と一緒にプールに行く機会が増えると思います。 涼しく、そして楽 …

仏壇の処分方法は?魂抜きとは?買取は?粗大ごみに出せるの?

仏壇は、箪笥や食器棚と違い、不要になったから処分をするといっても雑に扱っては何か …

魚の骨が喉に刺さった時の対処法!放置すると?どこの病院に行くのが正解?

魚を飲み込んだ後喉の奥に痛みがありイガイガする…もしかして骨が刺さってしまったか …

猫アレルギーは治るの?症状と対策、市販薬は?

  猫と一緒に暮らしていて自分の体に不快な症状があらわれたら、困ってし …

静電気防止の方法とは?おこしやすい服って?あなたは静電気体質?

スポンサードリンク 車のドアや玄関のドアノブを触った瞬間に「バチッ」としたこと、 …

お盆玉とは?相場は?お盆玉のポチ袋ってあるの?

スポンサードリンク   年に一回親戚の子どもにお小遣い…といったらお正 …