のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

受験生をインフルエンザに感染させないために家族が出来る予防は?

      2016/11/27

937f4505e22297d4123617619e36feb0_s

インフルエンザは受験生のいる家庭には最大の敵であり目に見えないので目で見て防ぐことできません。

しかし受験シーズンが始まるのは年が明けてから。年が明けるとインフルエンザは猛威をふるい、生活する中のいたるところで菌を拾ってきてしまいます。

毎年1月や2月に大流行するインフルエンザ、特に受験生のいる家庭では、せっかく勉強を頑張っているのに、インフルエンザウィルスを持ちこんで、その頑張りをムダにするわけにはいきません。

きちんと予防をして、家庭にインフルエンザを持ちこまないようにしたいものです。

普段の生活ではどのようにインフルエンザを防げばいいのでしょうか。

 

スポンサードリンク

感染させないために普段の生活でできる予防法

5e7fe52ee4b63b14e7761c8cc4abd26c_s

 

・予防摂取を受ける
・病院など、風邪をひいている人が多いところには近づかない
・マスクをする
・手洗い、うがいを徹底する
・体力を付ける

 

インフルエンザは、今や冬だけでなく、一年中季節の変わり目などでも時々ニュースなどで聞かれるようになりました。

しかし、受験生のいる家庭にとっては、受験勉強の追い込み時期である秋から冬の受験シーズン直前が予防するために大切な時期です。

その方法の一つが予防接種です。

受験生は11月頃に予防接種を受けておくことで、翌年1月から2月までの時期に効果を一番発揮させることができます。ですので、受験生のいる家族も、同じ時期に予防接種を受けておくことが、インフルエンザを家に持ち込まないことに繋がります。

 

予防接種をする時は予防接種だけの診療時間がある病院を狙っていくか、マスクなどを忘れずに、空気清浄機の前に座りましょう。病院でウィルスをもらってくるなど本末転倒ですので気をつけましょう。

2a93598682259434d760e74063639440_s

 

ただ、一番の予防法は、帰宅後の手洗いうがい毎日の食事や睡眠による健康管理人ごみを避けるなどです。受験生のいる家族は、予防接種と併せてこれらの事も特に意識して日常生活を送ることが大切です。

 

しかし、そうはいっても仕事や学校は多くの人が集まる場所、また、通学や通勤にどうしても満員の電車を利用しなくてはならないという場合もあるでしょう。そんなときには、必ずマスクを着用するようにしましょう。

また、部屋が乾燥しないよう、加湿器を利用するのも効果的です。

 

冬になると受験の追い込みシーズンで夜更かしして勉強しがちですが、体力がなくなって風邪をひいては元も子もないので夜更かしせずにきちんと普段のペースを守って体力を温存することも大切です。

 

家族のインフルエンザをうつさないためには

6d6ae5780ce8cfd1fac505fe91043f04_s

 

上記のような対策をとって毎日を過ごしていても、インフルエンザに罹ってしまうことがあります。もし、受験生の家族が罹ってしまったら、すぐに別の部屋に移し、出来るだけ受験生との接触は避けます。

看病をする人は、家族内の間接的な接触感染を避けるため、マスクの着用を忘れないようにし、看護後には手洗いうがい、アルコール消毒を欠かさないように気を付けてください。

ちょっと大げさじゃない?と思うくらいでちょうどいいです。

 

また、発熱や倦怠感の症状が治まってもそれから2、3日ほどはインフルエンザウィルスの感染力は残っているので、すぐに家族と接触するのは避けましょう。

 

スポンサードリンク

体験談◆Tさん宅の場合

私の家は10人家族で、うち今年大学受験をする義理の弟がいます。

今後の対策として去年までの私のインフルエンザに対する経験談を紹介したいと思います。

去年、高校受験を控えた一番下の義理の弟がいました。現在は無事合格し、高校に通っていますが、去年家族の中でインフルエンザにかかった者が出ました。

受験生がいる家族からしたら大事件です。
誰にどのようにして移るかわからないし、とても怖かったです。

その時の対策方法は、徹底的な家の換気がまず第一でした。
冬でしたが、寒いのを我慢して、時間を決めて一日4回以上は換気をしました。

そして、玄関に市販で販売しているアルコール消毒を置き、常にアルコール消毒を心がけました。

それから、ご飯の時です。大家族なので、大皿でおかずを盛り、個人でお皿に取り分ける食べ方をしていましたが、その時期だけは個人個人別でお皿に盛り、もし誰かが菌を持ち込んでいても箸で菌が感染しないようにしました。

 

あとはゴミです。
鼻水をかんだティッシュはまず、普段使用しているゴミ箱ではない、個別のフタ付きのゴミ箱などに隔離して捨てました。

すべて感染予防のためです。

これで大体対策はすべてですが、その時誰にも感染せずに、無事に受験を終わらせることが出来ました。受験生がいたり、妊婦さんがいたりするとインフルエンザ対策は本当に対策がとても大変だと思います。

私の経験談で少しでも役に立てば嬉しいです。

まとめ

私は実はインフルエンザの予防接種を普段は受けません(かかっても軽くすんでいるので)。しかし身内の受験シーズンは別です。

なんというか免罪符のようなもので、「ここまでやってインフルエンザにかかってしまったなら仕方が無い」と言えるからです。

もしインフルエンザにかかってそれが受験生に移ったりしたら「予防接種しなかったからだ!」って、一生恨まれるかもしれないですからね^^;

私自身はインフルエンザワクチンは「当たるも八卦当たらぬも八卦」とお守りくらいにしか思ってはいません。でもそのお守りが効力を発揮する事もあるかもしれないので、ご利益を得たい人は打っておくべきだとも思っています。

もし家族の誰かが感染してしまった場合、看護しながらうつってしまう危険もありますから、看護する場合にはマスクの着用、看護後には手洗いとうがいを忘れないように気を付けましょう。

普段の年よりもより慎重に、受験が終了するまで頑張りましょうね。

 

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏風邪は馬鹿が引く?!原因と症状、治し方について

  梅雨が明ければ本格的に夏が始まります。そんな夏に気をつけてほしいこ …

寒暖差アレルギーとはどんな症状?治し方・病院は?日常生活でできること

スポンサードリンク 風邪でも花粉症でもないのに、鼻水やくしゃみが止まらない…最近 …

梅雨時期におこる体調不良【梅雨だる】の症状と対処法

スポンサードリンク 今年も梅雨の時期となりました。毎年5月中旬頃に沖縄地方が梅雨 …

飛蚊症(ひぶんしょう)とは?原因はなに?治療法はあるの?

スポンサードリンク   白い壁をじっと見ている時など「ん?虫がいるのか …

【簡単】人気の乳酸キャベツの作り方!効果と食べ方を紹介

スポンサードリンク 新たなダイエット食品として注目を集め始めている「乳酸キャベツ …

指先の乾燥、ぱっくり割れ・ひび割れや皮がむける対策は?必要なのはたったこれだけ!

  乾燥は冬だけのもの。 スポンサードリンク そう考えていた時期が私に …

幼児のマイコプラズマ肺炎の症状は?保育園はどうなるの?

スポンサードリンク 最近、TVなどでも取り上げられているマイコプラズマ肺炎ですが …

梅雨と「うつ病」の関係は?季節性うつ病とは?対策ってあるの?

スポンサードリンク 季節性うつ病は、梅雨時期及び秋から冬にかけて気分が落ち込み、 …

デジタルデトックスとは?自分で行うやり方と旅行やツアーのこと

スポンサードリンク   会社ではパソコン、家に帰ればスマホでゲーム、通 …

インカインチオイルとは?効果・効能とインカインチオイルの使い方

スポンサードリンク   健康にいいオイルとしてアマニ油やえごま油が話題 …