のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

【2016】さっぽろ雪まつりの日程・アクセスは?見所と当日の服装

   

a1d384c56628f0bc3caf00a68a9dd370_s

 

さっぽろ雪まつりは、今年67回目を迎えました。

思いの外、長い歴史があることに驚かれる方もいるかと思います。大雪像の制作は主に陸上自衛隊が「野戦築城訓練」の一環として行っています。

その他の雪像は一般の企業や市民によって制作されます。また、世界各国の代表が雪像を制作し順位を競う、国際雪像コンクールもあります。

この時期しか見られない冬の風物詩とあって、みなさん楽しみにしているのではないでしょうか?

 

スポンサードリンク

日程・アクセス

 

2016のさっぽろ雪まつりは開催期間が開場によって異なります。

大通・すすきの会場 2月5日(金)~2月11日(木・祝)まで。
つどーむ会場    2月5日(金)~2月18日(木)まで。

 

大通会場とすすきの会場は11日(木曜日・祝日)が最終日、つどーむ会場は18日(木曜日)までとなっていますのでお間違いの無いように日程を組んで行きましょう。

今年は2月5日(金曜日)から、1丁目から12丁目まである大通会場での雪像展示を中心に、氷像がメインのすすきの会場、スノークラフトなど雪と触れ合えるつどーむ会場の3か所で開催されます。

大通会場では雪像の展示の他に、どなたでも参加できる野外スケートリンク、ジャンプ台でのスノーボード・スキーのフリースタイル演技、飲食店が軒を連ねる食の広場や雑貨などの露店も数多くあり、お子様から年配の方まで楽しめます。

 

■アクセス

 

2015年すすきの会場

 

大通会場へは地下鉄東西線の大通駅、すすきの会場は地下鉄南北線のすすきの駅からが便利です。また、つどーむ会場へは一般車両向けの駐車場がないので、公共の交通機関かシャトルバスでどうぞ。

シャトルバスはJR札幌駅や大通会場近くからも出ますし、つどーむ会場の最寄り駅、地下鉄東豊線の栄町駅からも出ています。要確認です。

 

見どころは?

このお祭りの見どころはやはり大雪像です。まるで建物を作るような足場を組んで作られます。
雪像はもちろん大雪像だけでありません。

今年は大通会場には121基、すすきの会場には60基、つどーむ会場には60基、計204基が設置される予定となっています。

大通会場、すすきの会場はもちろん行かれることと思いますが、お子さんがいらっしゃる方にはつどーむ会場もお勧めです。もしかしたら、お子さんはこちらの方が喜ばれるかもしれません。

近年は食べ物の屋台も充実してきています。
寒い中で食べる北海道の食を楽しむのも1つの楽しみ方となるでしょう。

>>札幌雪まつりのホテル予約は楽天トラベル

 

 

服装は防寒対策を

e17f25e64e9beaba324e96ae2e418c71_s

 

服装はスキー場に遊びに行く時のような恰好をイメージされると良いでしょう。着こんだ上に、厚手のコート、帽子やイヤーマフなど頭の防寒もお忘れなく。

女の人は特にですが、雪が降ると足元からどんどん冷えてきます。靴の中にカイロを入れたりボアのような暖かい中敷を敷いたりして対応してください。

 

靴は滑り止めがなければ歩けないと思います。北海道では一般的なものなので、北海道に来てから売店で靴の滑り止めと言えば、購入可能です。

去年の2月の平均気温は-3.2度でした。使い捨てカイロなどもあると良いかもしれません。
長時間外にいると予想以上に冷えますので、暖かい服装で楽しんでください。

 

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつりの歴史や由来は?

今年で67回目となるさっぽろ雪まつりは1950年に地元の中学生、高校生が6つの雪像を作り大通公園に飾ったのが始まりです。

1953年頃から大規模は雪像が作られるようになり、1955年からは自衛隊も参加するようになりました。そして、1959年にテレビで紹介されたのがきっかけとなり、翌1860年より日本各地から観光客が集まるようになりました。

現在では観客数200万人を超える、北海道で数少ない大型イベントです。

 

まとめ

全会場とも入場料が不要なので、誰でも見ることができますが、大通り会場とすすきの会場は専用の駐車場がありませんので、公共の交通機関を利用しましょう。

今年の札幌は雪が少ないので、降雪している近隣の地域から雪を運んできていました。しかしようやく寒波がやってきましたし、なんとか雪が足りることを願うのみですね。
さっぽろ雪まつり公式サイトhttp://www.snowfes.com/

 

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【2016】女子高校生の彼女が彼氏から欲しいプレゼント!今年はこれ!

スポンサードリンク   クリスマスも差し迫って焦り始めるのがプレゼント …

【オススメ】ハロウィンのクッキー型!手作りクッキーの賞味期限とは?

スポンサードリンク 今やすっかりお馴染みの行事となったハロウィン。 知り合いの子 …

インフルエンザの予防接種・受験生は時期はいつ?回数は2回が効果あり?

  受験生がいる家庭では本人だけでなく家族周辺も色々とピリピリしている …

豊橋祇園祭の歴史とは?2015年の日程・アクセスと見どころのまとめ

豊橋祇園祭とは愛知県豊橋市関谷町の吉田神社で毎年7月中旬に行われる祭事です。 ス …

【2015】おわら風の盆の日程・アクセスは?ツアーや見所のまとめ

スポンサードリンク   「おわら風の盆」は、富山市南西部の山あいの町「 …

【2015】ぎおん柏崎まつりの日程・アクセス、花火大会は?駐車場の有無等まとめ

日本海を望む新潟県柏崎市にて、今年もぎおん柏崎まつりが開催されます。 15,00 …

年越しそばはいつ食べるのが正しい?タイミングよく食べて厄落とし!

スポンサードリンク   私は子供のころ、親に除夜の鐘を聞きながら食べる …

【2015】大國魂神社すもも祭りの日程・アクセス、烏団扇・烏扇子配布時間など

  大國魂神社すもも祭は毎年7月20日に行われる五穀豊穣・厄除けのお祭 …

【2015】河口湖ハーブフェスティバルの日程は?開花情報、周辺の観光は?

スポンサードリンク 世界遺産登録の頃から、注目を集めている富士山周辺。 その中で …

梨狩りの時期は?元はとれるの?服装、持って行くと便利なものなど

スポンサードリンク もう秋の気配を感じる時期になってきました。 この時期になると …