のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

最強の金運アップの財布は?色・材質選び方を間違えると悲惨な金運に!

   

 

あなたが財布を選ぶとき、どんな財布を選ぶでしょうか?

もしかしたらかさばるのが嫌でコンパクトな二つ折り財布を選ぶという人は多いかもしれません。ですが、金運という視点で見た場合は必ずしもコンパクトな財布はお勧めできないようです。

ここでは金運アップにつながる風水から見る財布の選び方を紹介します。

スポンサードリンク

選ぶべき財布のタイプ

中には狭いところが好きな人もいるとは思いますが、たいていの人は広い部屋でのんびりするのは好きだと思います。

それはお金も同じことで、二つに折りたたまれる(あるいは三つ折り・四つ折りなど)コンパクト財布は、お金にとって窮屈すぎる…といったことになってしまいます。

ですからおすすめする財布は長財布ということになります。長財布でしたらお札は折れることなくのびのびとできるからですね。

 

財布というのはお金にとっては家に当たります。広くて良いお家を与えられると人はまた帰って来たくなりますよね?反対に狭くて汚い家には帰るのが嫌になることもあるかと思います。

それはお金も同じこと。お金にすてきな家(財布)を与えると、出ていったとしてもまた居心地のいい家に戻りたくなるということなんです。

 

3年を基準に買い替えよう

風水では新しいものに気が宿り、古いものには気は宿らないという考え方があります。

あなたの財布を見てみましょう…状態はどうですか?くたびれていたり汚れていたり、革が剥げていたり…なんてことは無いでしょうか?

先ほども言った通り、財布はお金のお家です。汚れていたり壊れかかったお家にお金が戻りたいと思うでしょうか?

財布は3年で買い替えましょう、という考えかたがあります。これは3年したら替えるというのではなく、3年が限度、ということらしいです。理想的に言うと年度ごとに替えるのがいいらしいのですが、高価な財布の場合そんなに替えていられないですよね。

ですから、最長3年、しかもくたびれたらすぐにでも替えた方が望ましいということです。

また、1000日以内に替えるという考え方もあります。数秘術という側面から見ると1000日というのが吉なのそう。いずれにしても三年以内というのはキーワードのようです。

・なぜ3年なのか

4年以降はなぜだめなのでしょうか。なぜかというと「4」という数字が安定を示しています。一見よさそうに見えるのですが、実はその時良くない運気を持っていると良くないまま安定してしまい、悪い運気を受け継ぐと言われています。

なんか金運良くないな…と感じている人はすぐに替えた方がいいかもしれませんね。

長財布ならなんでもいいのか

■プレゼントはちょっと待って

友達から財布をプレゼントされたことって結構あると思います。ですが、実はプレゼントというのは考えもの。なぜなら、その人によってあまり良くない色もありますし、実は人によってはありがた迷惑な場合もあります。

というのも、財布というのは金運を引き継ぐので、お金持ちから財布をプレゼントされるのが風水的に良いとされています。ですから裕福な知り合いからのプレゼントならば◎

 

ですが逆にあまり懐事情が芳しくない人からもらうと、お察しの通り金運が落ちるとされています。もしもあまり裕福でない人から財布をもらったら、使用するのはやめた方が無難です。

逆にあなたが財布をプレゼントする場合も、相手を選んだほうがよさそうです。

こういったことから、財布は自分で選んで買いましょう。

 

スポンサードリンク

どういった財布を選ぶ?

・黄色の財布は本当に金運を呼ぶのか

 

黄色は金運をよくするといわれますよね。風水を知らない人でも黄色は金運にいいということを聞いたことがあると思います。黄色は金の色に近いということからお金を引き寄せるラッキーカラー。

また、皇族が正装の際使う色だったりして、高貴な色とも言われています。そういったことから、お金にとっても「良い家」となるわけです。

 

とはいえ、黄色は良いことだけではないんです。金運のパワーが強すぎるという弱点があります。

「良いことでは?」と思いがちですが、呼び寄せる力が強いのと比例して出ていくスピードも速いのです。つまりお金が常に落ち着かない状態というわけです。

ということは、黄色はお金を使わない節約家には向かない色、人を選ぶ色というわけです。

 

黄色という色を見てわかると思いますが、ぱっと人の目を引く色だと思いませんか ?

工事現場や黄色い帽子などで目を引く必要がある場所に黄色は使われます。注意を引く色だからですね。

専門用語で言うと進出色といわれます。これをお金で言うと、目を引いて集まりやすく、進出もしやすいということになります。

 

では黄色はどんな人に合っているのかというと

・フリーランスで働く活動的な人
・投資家

など、自分でお金を動かすことを知っている、もしくは自信がある人にとっては最適の色と言えるでしょう。

 

では倹約家や一般人では扱えないものか?というとそうではありません。ではどうするかというと、「薄い黄色」を選ぶのです。パステルカラーやレモンイエローなどと言うこともありますね。

淡い黄色であればお金をひきつけ、出ていくのはそれほどでも、と言ったバランスを保つことができます。また、財布の内側を黄色くすると言ったやり方もあります。

・お金を動かすことに自信のある人ははっきりした黄色
節約したい気持ちが強い人は薄い黄色、もしくは内側が黄色の財布

を選びましょう。

・だったらいっそ金色の財布は?

黄色よりも金色の財布が最もお金に近いのでは?

そう思ったあなたは大正解!お金をひきつけるパワーは相当なもののようです。ですが、気を付けたいのは「汚れ」です。金の財布が汚れているということは、お金を汚(けが)すのと同等。せっかく引き付ける力が強いのに、汚してしまっては台無しです。

また、金の財布を持つときはあまりこれ見よがしなデザインにならないように心がけましょう。いくら金運アップのためとはいえ「がめつい感じでいやらしい」と思われるのは不本意ですよね。

つまり金色の財布というのは「そんなにお金が欲しいのか」なんて思われないような人が持つべき財布とも言い換えられるでしょうね。

 

・蛇革の財布

ヘビはその容姿から気味悪がられることも多いですが、昔から神様としてあがめられてきたという側面もあります。風水では変容の象徴と言われています。なぜかというと 蛇は脱皮しながら大きく成長するからです。

これから飛躍したい、業績を伸ばしたいなど、気力が満ちていて、人一倍やる気のある人は蛇革の財布はおすすめです。

 

ただし、これも持つ人が限られており、蛇革の財布はとても強い力を持っているので持つ人を選びます。何となく想像がつくと思いますが気の弱い人ではパワー負けしてしまうのです。

ですから、もうすでに成功を収めている人や実業家など、野心に溢れて「気」が充満しているというひとであればパワー負けということはないでしょう。現実に、お金持ちには蛇革の財布の愛好者は多く、白ヘビやパイソン柄など、いかにもな財布を堂々と使っています。

「パワー負けしたくない。でも蛇を持ちたい…」と言う人は、財布の中に蛇の抜け殻を入れておくという手もあります。

山や緑の多い公園などで探すと見つかるかも?

買い替える時期

どうせなら買い替える時期というのもこだわりたい…というのであれば、春か秋がおすすめです。

春は=張る に通じていて、財布がパンパンに張っている状態を表します。
秋は稔りの秋、五穀豊穣と言った豊かさを表します。

また、大きなお金が入ってくる予定のある人は、時期を関係なく新しい財布にすることをお勧めします。先述したように、新しい財布には良い気が宿るという考え方からです。

 

まとめ

いかがでしたか?新しく快適な広さの家は誰でも嬉しいもの。それはお金でも同じです。くたびれていたりハゲハゲだったりするようなお家には戻ってきたくなくなりますよね。

三年を目安に買い替えることでよい気を循環していきましょう。

また、一般に言われているからと、ばきっとした色鮮やかな黄色や蛇革の財布を持つことも人を選ぶので慎重に。今までは黄色の財布を使ってきたけど金運が上がらなかったという人は、少し柔らかな色を選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

招き猫の右手・左手、両手を上げている意味は?置き場所と色の意味

スポンサードリンク   日本に住んでいる方なら誰でも一度は目にしたこと …

だるまの置き場所・飾り方は?捨て方、処分方法に気をつけよう。

スポンサードリンク   お正月によく買われるだるま。小さい頃から家に飾 …

【金運アップ】金運を上げる方法!知らずにいると金運が悪くなる?!

スポンサードリンク   あなたは金運、良い方ですか? あんまりよくない …