のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

飛蚊症(ひぶんしょう)とは?原因はなに?治療法はあるの?

      2019/04/10

68aa7d31369a5d6c43a81153fa48490b_s

 

白い壁をじっと見ている時など「ん?虫がいるのかな?でも探しても見つからないな…?!」と感じる方、いらっしゃいませんか?

もしかしたらそれ、飛蚊症(ひぶんしょう)かもしれません。

 

スポンサードリンク

飛蚊症とは?

 

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、晴れた空や白っぽいものを見たとき、糸くずや小さな粒、丸い輪のようなものが飛んでいるように見える症状です。

 

目の前に本当は何もいないのに蚊が飛んでいるようにも見えることから飛蚊症と呼ばれています。目をこすっても消えず、視点を動かすと一緒に移動します。明るい場所だと特にはっきりと見えるので、不快だったり不安になってしまったりすることも多いと思います。

何か悪い病気なんだろうか?と心配になって眼科に相談する方も多いようです。

 

原因

まず知っておいて頂きたいのは、飛蚊症は大きく分けて二つあるということです。

■生理的飛蚊症

一つは生理的飛蚊症と言って、眼球の硝子体という部分の濁りによって発生します。

硝子体は99%が水分のゼリー状ですが、わずかに繊維質を含んでいます。その繊維が水分から分離して空洞ができ、網膜に影を作るので蚊が飛んでいるように見えるわけです。

近視の人は眼球が引き伸ばされた状態にあるため、硝子体に空洞ができやすく飛蚊症を引き起こすことも多くなります。

また、加齢等により硝子体がしぼんで網膜から離れ、硝子体の後ろ部分が網膜に写って影を生成することもあります。これを後部硝子体剥離と言います。飛蚊症の大半はこれらの生理的な原因によると言われています。自然的な変化ですので、この場合特別な治療は必要ありません。

 

■病的飛蚊症

もう一つの飛蚊症ですが、こちらは病的飛蚊症と言って、他の目の病気の一症状として飛蚊症の症状が現れているものです。

網膜剥離や網膜裂孔ではしばしば飛蚊症を自覚します。硝子体出血、ぶどう膜炎等でも似たような症状が現れます。これらの病気の場合は個別の治療が必要です。

 

check!飛蚊症の原因としては加齢が挙げられますが、二十代から症状が現れる人もいます。特に強い近視の人には早くから起こりやすい傾向があります。

 

スポンサードリンク

治療法

201a7789ef1aa6132ddcf384d6bb68f4_s

自然になった(発症した)飛蚊症は気にする必要がありません。

一応レーザーによる治療や手術などもありますが、根本的な解決になることは少ないのです。

飛蚊症自体は病気ではなく、治療の必要はありません。ただ、飛蚊症は網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血などの病気の初期症状である場合もありますので、飛蚊症を自覚されたら、一度精密検査を受け、放置しておいていいものなのかどうかを調べておいたほうがいいですね。

特に、六十歳前後の人で急に飛蚊症を自覚した場合は、できるだけ早く眼科医を受診したほうがいいでしょう。

 

先述しましたが、網膜はく離や網膜裂孔、ぶどう膜炎、網膜の血管の病気などは、飛蚊症と似たような症状があります。しかしこういった病気だった場合には放っておくと失明の危険があったりと重大な結果を招きます。

ものがゆがんで見えたりかすんだり、視野が狭くなった等、ただの飛蚊症とは違う症状があるような時には、すぐに眼科を受診するようにしましょう。

 

まとめ

ちなみに普通の飛蚊症は、ストレスや眼精疲労、栄養不足でも発症します。
日頃から目を使いすぎないように、蒸しタオルや市販されている「目に当てると癒し効果があるアイマスク」などで、適度に目の疲れを取ってあげるのが一番いいと思います。

飛蚊症自体は病気ではありません。自然に消えはしませんが、放っておいても問題ないものがほとんどです。時間と共に症状にも慣れて気にならなくなっていきます。

しかし上で述べた通り、中には重大な病気の可能性を秘めているものもあります。症状を自覚したら、まずは眼科で検査を受けてみましょう。生理的飛蚊症と判断されたならそれでよし、特定の原因が見つかったなら、しっかりとその病気の治療にあたりましょう。

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

台風が来ると体調不良になるのはなぜ?症状と対策・解消法

スポンサードリンク 最近台風のニュースが目立ちます。 急な進路変更や上陸場所など …

マイコプラズマ肺炎の症状とは?感染経路・自然治癒するのか等まとめ

スポンサードリンク   たまに耳にするマイコプラズマ肺炎ですが、あなた …

あなたの異常に眠い原因はナルコレプシーかも?!症状と発症率ついて

スポンサードリンク   しっかり睡眠をとっているはずなのに、日中眠くな …

インフルエンザの予防接種・受験生は時期はいつ?回数は2回が効果あり?

  受験生がいる家庭では本人だけでなく家族周辺も色々とピリピリしている …

マツコ&有吉の怒り新党【共感性羞恥】とは?改善法・治し方はあるのか

スポンサードリンク 共感性羞恥という言葉をご存じでしょうか。 人気番組の「マツコ …

低温やけどの症状は?治療は自分でできる?予防方法は?

スポンサードリンク   冬の暖房器具の一つとして定番になりつつあるのが …

急性ストレス反応とは?症状と原因、治療方法のまとめ

スポンサードリンク   先日華原朋美さんが急性ストレス反応で入院されま …

梅雨と「うつ病」の関係は?季節性うつ病とは?対策ってあるの?

スポンサードリンク 季節性うつ病は、梅雨時期及び秋から冬にかけて気分が落ち込み、 …

扇風機で死ぬのは都市伝説?使い方次第で健康被害も

スポンサードリンク 扇風機をつけたまま寝てしまうと死んでしまう、そんな噂を聞いた …

赤ちゃんはクーラーをつけると汗腺が発達しない?温度の目安と注意点

スポンサードリンク 猛暑の夏、赤ちゃんのいる家庭ではエアコンの使い方で悩んでいる …