のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

サメに 襲われたら?!逃げる?殴る?特徴・性格を知って対処しよう!

   

f9a7bc766367cddc35cc037fcaef722c_s

 

海水浴やサーフィンなど、マリンスポーツを楽しむ人達が気をつけなければならないのがサメの存在です。

最近では、日本の海水浴場でもサメが出現し、茨城県の平太郎浜海水浴場、大洗海水浴場、サンビーチ海水浴場などで遊泳禁止になり、ニュースでとり上げられていました。

現在は網を張っていて安全だという事ですが、サメについて気になっている方のために、サメの生態について考えてみましょう。

サメに遭遇したら、不必要に挑発したりしないようにしましょう。世界で起こるサメの襲撃は、それが原因であることが多いのです。

間違っても触ったり、尻尾を引っ張ったりしないようにします。

 

スポンサードリンク

鮫に遭遇したら

e1f2b6c2e4864123e8ded2ad6f8a41c6_s

 

まず「海で泳ぐ=鮫に遭遇する」という事が充分ありうるという認識が大事です。

サメは微量の血液を嗅ぎ分ける事ができるので、少しでも傷がある時は要注意です。また、サメには人間でいう五感の他に、微量の電気を感知する感覚があり、生物が動くときに発する微量の電気を感知し、獲物を見つけることができます。

 

その上で遭遇してしまったら、まず慌ててはいけません。鮫は水しぶきや動きに敏感ですから、まずじっとして様子をみます。

サメは目が悪いため、イワシの大群が小さな魚なのか大きな魚なのか、判断が付きにくいそうです。ジョーズなどの映画の印象が強いからか、サメは凶暴な生き物だと思われている方は多いでしょうが、実は、サメは臆病な生物だと言われています。

よほど空腹だったり刺激をうけねば、自分からはまず攻撃しない生物です。
じっとして近づいてこなければ波しぶきをなるべく立てず静かに泳いでその場を去りましょう。

 

攻撃してきたら

 

もし攻撃してきたら急所でありダメージを与えやすい目や鼻先等を殴る・蹴る、何かを持っていれば物をつかって殴る等して威嚇し、隙をみて逃げます。

サメは、小さくて臆病でも、がっしりしたアゴを持っています。もし、サメが明らかに攻撃を仕掛けてきたら、目、あるいはエラか鼻面に向かってパンチします。

その場所は、サメの最も敏感なところで、サメがびっくりするそうです。
護身用に数10センチの棒や撮影用の大きなカメラでも持っていれば、向かってくるサメを追い返すのに役立ちます。

仮にサメにくわえられてしまったら、指をサメの目に入れます。サメは、嫌がってくわえた人間を放すかもしれません。

 

ただし、実際にサメを目の前にすれば、パニックになることもあるでしょうし、パンチで確実に撃退できる保証もありません。
何よりも重要なのはサメに襲われるリスクを少しでも減らすことです。

 

・一部のサメが狩りをするとされる夜明けや夕方、夜間に海に入ることは避ける
・海に入るときはなるべく大勢で行動する

 

などが大切です。

また、サメは血の匂いを何キロも離れた場所から嗅ぎ付けます。

・怪我をしたらすぐに海から上がる
・生理中は海水浴は避ける
・キラキラ光る金属は身に付けない(魚のウロコと見間違えたサメが寄ってくることがあります)

上記したことを守るだけでもリスク回避になりますから、鮫が出るかもしれないと言う時期だけでも実行してみてください。

 

 

どんな鮫が怖い?

f2c12ae7b828d7358e195198824a76e3_s

 

サメは現在認知されている種類だけで約500種類存在すると言われています。
ですが、人を襲う恐れがあるのは、そのうちのたった6種類です。

ホオジロザメ、イタチザメ、アオザメ、ヨゴレ、オオジロザメ、シュモクザメ

がそれに当たります。

 

ホオジロザメ

シュモクザメ

 

日本近海には約100種類の鮫が生息しています。その中で危険度が高い鮫は、ジョーズのモデルにもなったホオジロザメにオオジロザメ、かなづちの様な頭部が特徴のシュモクザメ、浅瀬での目撃も多く雑食性のイタチザメです。

また、ヨシキリザメ、ヒラシュモクザメは、日本でみられることが多いサメで、普通にやり過ごせば危険はないですが、刺激すると危険です。ネコザメは、伊豆諸島でも普通に見られ、手を出すと噛まれる危険があります。

目撃例や死亡事故も報告されているので注意が必要です。沖縄や小笠原諸島での報告が多いですが、鮫は回遊魚なのでどこでも出没しうるといっても過言ではありません。

普通にしていれば襲ってこないのに、わざわざけしかけるようなことをして咬まれたのでは自業自得になります。絶対に挑発することはやめましょう。

 

スポンサードリンク

気になる現在の鮫情報

8月上旬、茨城県の海水浴場では沿岸部で2匹の鮫が目撃された事をうけ、ひたちなか市の阿字ヶ浦海水浴場、平磯海水浴場、鹿嶋市の下津海水浴場、平井海水浴場、神栖市の日川浜海水浴場、波崎海水浴場、鉾田市の大竹海水浴場、大洗サンビーチ等が遊泳禁止になりました。

8/12日には大洗町が解除され、海水浴場は再開されています。防護ネットで囲み、ライフセーバーにより監視体制がしかれています。

しかし、鉾田、鹿嶋、神栖3市の海水浴場は8/12現在も引き続き遊泳禁止です。
鉾田市の大竹海岸鉾田、鹿嶋市の下津と平井、神栖市の日川浜と波崎は引き続き地元のニュース記事などで確認しましょう。

また、おなじく12日には鹿児島市磯海水浴場の沖でシュモクザメを見たとの情報があり、遊泳が禁止されているようです。こちらもしっかり情報を確認しましょう。

 

まとめ

せっかくの海水浴ですが、サメが出ては無理をしてはいけません。
もし遭遇しても大丈夫なように対策法をしっかり頭にいれておきましょう。

一番いけないのはパニックになって暴れ、サメを引き寄せてしまうことです。
もし遭遇してしまったら怖いとは思いますが何もせず、心の中で「落ち着け、落ち着け」と唱えながらやりすごすように頑張りましょう。

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アライグマは外来種なのに何故日本にいる?撃退・駆除対策と捕獲後

前足で持った果実を洗ってから食べる仕草がかわいい、と評判のアライグマ。実はアライ …

初鰹とはどんな鰹?栄養や選び方は?寄生虫は大丈夫?

日本人は昔から季節感を大事にして暮らしてきました。 そういう生活の中で旬のものや …

もぐら退治の方法はこれでばっちり!捕獲後の処理方法のヒントも

  スポンサードリンク   もぐらは日本では北海道を除く各地 …

【撃退】野良猫を寄せ付けない方法・対策【これで猫が来なくなる】

スポンサードリンク 迷惑な野良猫たち。それは近隣住民が無責任に放し飼いにしている …

イサキの旬とは?栄養、選び方や食べ方についてのあれこれ。

イノシシの赤ちゃんは瓜坊と呼ばれますが、同じように若いうちは縞模様がきれいに現れ …

太刀魚の旬は?保存方法、カロリー・栄養のまとめ

スポンサードリンク   太刀魚は世界中の亜熱帯・温帯海域に生息する、ス …

ノドグロの旬は?栄養・カロリー、美味しい食べ方など

出典http://www.jalan.net/jalan/doc/theme/y …

ハクビシンとは?被害対策や駆除方法はどうするの?

スポンサードリンク 近年その被害が深刻化している地域もあると言うハクビシンですが …

秋刀魚の旬とは?カロリーや選び方・保存方法とおいしいレシピ

スポンサードリンク   秋刀魚は、日本を彩る魚介類の中でも、特に庶民の …

ホタルイカの身投げって?身投げの条件と取りに行くのに必要なもの

スポンサードリンク   ホタルイカの身投げ、という言葉を聞いたことがあ …