のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

一日でも早く日焼けを戻す方法は?食べ物は?食べるとシミになるものって!?

      2018/10/08

187933

 

しまった!うっかり日に焼けちゃった…

 

透き通るような白く瑞々しい肌、憧れますよね。
ただ、地球に届く紫外線の量は年々多くなっているため、チョットした油断が簡単に日焼けを作ってしまいます。

日焼け止めを塗っていたのに、汗など不意のアクシデントで流れ落ちて、気付かない間に日焼けしてしまっていた、何て事も。
こんな時はなるべく早く、日焼け肌から復活したいですよね。

 

スポンサードリンク

とにかくこれ以上肌にダメージを与えない

大事なのは、日焼けして痛んだ肌にさらなるダメージを蓄積させないという事。日焼けを重ねてしまえば、その分回復は遅くなってしまいます。

日焼けを避けるため、UV効果の高い日焼け止めを入念に塗りましょう。出来れば長袖を着る、日傘を使用するなど、日差しをさける工夫も合わせて行って下さい。

Print
肌の健康を守る事は、次にあげる肌の代謝をあげる対策にも関わってきます。

 

肌を生まれ変わらせる

肌は28日周期で生まれ変わるものです。生まれ変わった肌を丈夫でキレイなモノにすることが白さにつながります。

白く戻したいならば、まずは十分な保湿を心がけましょう。
日焼けで黒くなるのは、メラニン色素が肌に溜まるためです。肌は時間が経つと表皮が生まれ変わり、古い表皮は垢となって剥がれ落ちるターンオーバーを繰り返しています。

なので、メラニンを含む角層も少しずつ落ちるため、時間が経つと次第に日焼けした肌は元に戻ります。

 

なるべくそれを早い期間で白く戻すには、ターンオーバーを早めることが大事です。それに必要なのが、保湿なのです。

ターンオーバーは、肌の状態が良く、新陳代謝を高めると活発になるのです。しかし肌荒れしていたり乾燥すると、ターンオーバーは低下するので適度な保湿をします。

 

睡眠時間を確保するのも、代謝を活発にする方法の一つ。
特に22:00~2:00のゴールデンタイムには、代謝を促す成長ホルモンが分泌されやすいので、この時間帯には眠りをキープしておきましょう。

早すぎるターンオーバーは肌が乾燥しがちです。
肌の保湿をしっかり行い肌の細胞を守る事が肝心なのです。

スポンサードリンク

日焼けしてしまった時の食事

164483

 

ビタミンを積極的に摂取する

日焼けの原因となるのは、紫外線の影響で生成されてしまうメラニン色素。肌の色を戻すには、このメラニン色素の生成を抑えなければいけません。

化粧水や美容液などでもメラニンの生成は抑えられますが、体の中からケアすることでさらに早く焼けた肌を白く戻すことができます。

 

メラニンの生成を抑える栄養素はビタミンCとリコピンです。日焼けにビタミンCというのは有名ですね。

リコピンはご存知の方もいると思いますが、トマトに含まれている栄養素で、メラニンの抑制効果の他に日焼けの抑制効果もあるので、是非食べたい食材です。
肌の酸化を防いでくれたり、肌のターンオーバーを促進してくれるビタミンEをビタミンCやリコピンと合わせて食べると、さらに効果的です。

 

柑橘類は要注意

ビタミンCを手っ取り早く摂ろうと考えると「レモン」などの柑橘類が思い浮かぶかもしれません。ですが柑橘類は実はシミの元になる物質を含んでいるんです。

柑橘類にはビタミンCはあるのですが、問題は「ソラレン」という物質です。このソラレンは紫外線の感受性を高めてシミなどの原因になるのです。
ですから日光を浴びる時間帯での摂取、特に朝などは避けた方が良いでしょう。

 

ソラレンが多い果物・野菜

・レモン
・オレンジ
・グレープルフルーツ
・いちじく
・きゅうり
・パセリ
・セロリ
・みつば
・パセリ
・しそ
・クロレラ(サプリ等も)

等々ちょっと調べてもこれだけあるので要注意。
朝はフルーツを取りたいと思う人は多いでしょうが、止めておいた方がいいですね。

ソラレンは数時間経つとなくなるそうなので、柑橘類自体は身体に良いのですから、夜に食べるようにしましょう。

 

ビタミンCを多く含みソラレンが少ない野菜は…

・赤ピーマン
・赤キャベツ
・小松菜
・カリフラワー
・トマト
・大根

などです。

 

苦手な食べ物がある人は、サプリメントを利用するという方法もあります。
また、ビタミンCよりも重要な働きをするのが、「タンパク質」と「ビタミンB」です。紫外線で傷んだ肌を補修し、ハリやキメを整えてくれます。

タンパク質の中でも植物性のものが豆腐や納豆です。意外ですが豆腐にはビタミンBも豊富に含まれています。

 

肌を白く戻す化粧水の成分

020904

 

なるべく早く日焼けした肌を白く戻したい人は、体の内側と外側の両方からケアすることが大切です。

日焼けをしてしまったときは、ビタミンC誘導体が配合されて化粧水を使うと良いです。

ビタミンCは美白効果やシミの予防になりますが、ビタミンC誘導体は肌の奥まで浸透しやすくなっているので、肌を白くしたい場合はビタミンC誘導体と書かれた化粧水を使ってみましょう。

 

専用ジェル・ミネラルボディシャインジェル

うっかり日焼けを集中してケアしてくれるのが美容ジェル「イルコルポ ミネラルボディシャインジェル」です。

日焼けあとをなんとかしたい、体の黒ずみが気になる…という人は試してみては?

無香料無着色・パラベンフリー・アルコールフリー・界面活性剤フリー鉱物油フリー・無添加で肌に優しく敏感肌にも考慮されています。

詳細は公式サイトへ↓


 

やかないサプリ

日焼け後の炎症を抑えて回復も助けてくれるのが「やかないサプリ」です。日に焼けてからの回復と肌の明るさの回復がサプリを飲まない場合と比較して、2倍も早まったということです。

普段から日焼け対策をするのは重要なことです。サプリを取り入れることで日焼けしにくい肌を作っていきます。

一日一粒でいいので簡単なのが嬉しいですね。

詳細は公式サイトで↓


まとめ

ただし、ひどい日焼けは火傷と同じ。

痛みを感じたり、水ぶくれができてしまうような日焼けは、白い肌に戻るどころか、跡が残ってしまう危険もあります。

皮膚科では日焼けの治療を行ってくれますので、異常を感じたらきちんと受診しましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

こめ油の効能・美肌効果は?危険性の無い圧搾一番搾りって?

スポンサードリンク   我々の食生活になくてはならない油、どうしても摂 …

【栗の剥き方】鬼皮・渋皮を簡単に剥く方法と保存方法

  栗が美味しい季節になりました。とはいえ生栗は皮むきが大変…。美味し …

麦茶の栄養と効能とは?アレルギーが出る?保存方法は?

麦茶は煎った大麦から抽出した、日本の夏の風物詩的な香ばしい飲み物です。 スポンサ …

鍋焼きうどんは焼いてないのになぜ鍋焼き?具は何を入れる?おかずは?

スポンサードリンク   冬になると恋しくなる鍋焼きうどんですが、なぜう …

日本三大珍味とは?カラスミ・このわた・ウニを解説

スポンサードリンク 「日本三大珍味」とは何か、ご存知ですか?「世界三大珍味」なら …

イサキの旬とは?栄養、選び方や食べ方についてのあれこれ。

イノシシの赤ちゃんは瓜坊と呼ばれますが、同じように若いうちは縞模様がきれいに現れ …

【グロ注意】手の甲にあせもができたので市販薬で治した話【画像あり】

今年の夏は暑かったですね。もうすでに過ごしやすい気温になっていますが、また台風が …

【米虫】お米に虫が!捨てる?食べても大丈夫?駆除方法と発生対策

スポンサードリンク   自宅でお米を保存していて、気づいたら虫がわいて …

里芋の旬・カロリー・栄養は?保存方法と美味しい食べ方

スポンサードリンク   ジャガイモ、サツマイモと比べてどちらかというと大人が好む …

【カミソリ負け】足のぶつぶつの治しかた

スポンサードリンク 足の毛を剃ったときに、ブツブツができるなど、カミソリ負けして …