のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

里芋の下処理の仕方は?手が痒くならない方法と痒くなった時の対処法

   

7c1bdeb5f882b636f6f53712f97aad79_s

 

里芋を使った料理は煮物が一般的です。肉じゃがと同様に中までしっかりと味がしみ込んだ煮物は、たまに無性に食べたくなるものです。

しかし里芋には、ぬめりがあるため、下処理が必要です。

里芋のぬめりの正体は、ムチンやガラクタンという食物繊維です。

ムチンは胃の粘膜を保護する働きがあり、ガラクタンは生活習慣病の原因になる血糖値の上昇を抑える働きをします。

里芋は美味しいのはもちろん、健康に最適な食材なのです。

ぬめりには健康をよくする成分が含まれていますが、一方で手の痒みの原因になるシュウ酸カルシウムも含まれています。

調理の際、美味しく食べるため・手の痒みを防ぐために気を付けることがあります。絶対にぬめりを取ってから鍋に入れましょう。

そのまま鍋に入れてしまうと里芋のぬめりが出てしまい、口にしたときに味落ちの原因になります。

また、ぬめりがあると味がしみ込みにくくなり、せっかくの美味しい料理が台無しになってしまいます。

 

スポンサードリンク

里芋の下処理の仕方

 

ぬめりは、里芋の皮を剥き、塩で揉みこみ、水洗いすることで取ることができます。そして調理の際、痒みの原因になるのでぬめりをそのまま触らないようにします。

 

基本の下処理

      1. まず始めに里芋の皮を剥きますが、じゃがいもと比べて剥きにくい特徴がある里芋は、端と端を包丁で切り落としてから剥くことで、すべての皮がスムーズに剥がれます。サイコロのように6面になるように剥くと形が綺麗にできます。
      2. 皮を剥いたらザルに入れて里芋3個に対して大さじ1杯の塩を加えて揉み込むように手早く里芋をもみます。
      3. ザルに移し、流水で里芋をこすりあわせ塩とぬめりを洗い流します。

 

これで、あく抜きもできたことになります。

味噌汁や煮っころがしにはこれで良いですが、炊き合わせなど煮汁を濁らせたくないときは、プラス下茹でまで行います。

 

下茹で

      1. 基本の下処理をした里芋を鍋に入れ、水も入れて強火にかけます。
      2. 沸騰したら火を弱め2~3分茹でます。
      3. ザルに上げ里芋のぬめりを流水でよく洗い流します。

 

これで下処理終了です。

※里芋の変色を防ぐには、米のとぎ汁と一緒に茹でると良いです。

※皮が剥きにくい場合は里芋の両端を切ってから皿にの乗せてラップをかけ、レンジで5分程チンすると手でも簡単に剥けますよ。

 

里芋で手がかゆくなる

4ca0654fe6fcdf429558f92b7db4a053_s

 

里芋を切っていたりするとムズムズとかゆくなることってあると思いますが、これはアレルギーではなく誰にでも起こる現象なので、深刻に考える必要はないです。

しかし、里芋の料理を作るたびにかゆくなるのは嫌なものです。里芋にはシュウ酸カルシウムという成分が含まれていて、肌に触れると針のような成分がチクチクと肌を刺激してかゆみが生じるんです。

その場合里芋をあらかじめ、塩水か酢水に入れておくと良いです。里芋に含まれるシュウ酸カルシウムが塩や酢水で分解され、かゆみは和らぎます。

 

もしくは皮を剥く前に濃い酢水に自分の手を付けてから作業を行います。
そうすることで、シュウ酸カルシウムにより手がかゆくなるのを防ぐことが出来ます。

濃い酢水につけたら里芋の皮を剥きます。

作業中、手が乾燥し始めたらシュウ酸カルシウムによる痒みを防ぐために手に酢をつけて気を配ります。

 

ここまで書いてきましたが、一番簡単なのはビニール手袋や軍手などをすることです。里芋に直接触れなければかゆみが生じることもありません。

 

スポンサードリンク

かゆくなってしまった時の対処法

もし里芋を触ってかゆみがでてしまった時は、塩で手をゴシゴシと洗いましょう。

シュウ酸カルシウムのトゲが手を刺激しているので、粗目の塩で手を洗うことで綺麗にかゆみの原因を取り除けます。

無理にかいても、皮膚をかき壊してしまいかゆみが強くなるのでやめましょうね。

 

まとめ

里芋の煮っ転がしなどねっとりした食感がたまらなく美味しいですが、里芋は下処理が若干面倒ですよね。

ですが面倒をしただけその美味しさも格別ですから、きっちり下処理を行いましょう。料理の良し悪しは結局のところこういう段階を面倒くさがらずにやれるかどうかで決まってくるような気がします(ようやく気づいた笑)。

秋が旬の里芋、せっかくですから美味しくいただきましょう。

 

スポンサードリンク

Comment

  1. 小芋でかゆい より:

    めっちゃ痒いのが塩洗いで少し落ち着きました!
    ありがとうございます。

    • 狢子 より:

      コメントありがとうございます!
      痒いのは本当につらいですよね。かゆみが落ち着いて何よりでした^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

てんぷら油を流しに捨てちゃいけないわけは?他にも捨てちゃまずいものって?

スポンサードリンク   天ぷら油等、油を流しに捨ててはいけない。 昔か …

そうめんのカロリーは?薬味はどうしてる?付け合せ・おかずは?

スポンサードリンク 夏といえばそうめんですよね。 夏休み中、お昼ご飯がほぼ毎日そ …

ココナッツオイルダイエットはなぜ痩せる?効果ややり方などをまとめ。

イギリスのスーパーモデル、ミランダ・カーによって、世界的に大ブームになった「ココ …

冬瓜の旬とは?栄養や切り方、保存方法をまとめ

冬瓜って皆さんの身近にあるでしょうか。 スポンサードリンク 恥ずかしながら、私は …

緑黄色野菜の定義とは?淡色野菜の違いと効果的な食べ方

スポンサードリンク   毎日野菜を食べていますか?外食が続いたり、イン …

スーパー大麦とは?普通の大麦との違いと効果、食べ方について

スポンサードリンク   スーパー大麦は最近、テレビなどでも取り上げられ …

イサキの旬とは?栄養、選び方や食べ方についてのあれこれ。

イノシシの赤ちゃんは瓜坊と呼ばれますが、同じように若いうちは縞模様がきれいに現れ …

ファイトケミカルとは?効果・効能とスープの作り方、保存方法など

スポンサードリンク   近年しばしば聞くことがあるファイトケミカルもし …

【簡単】どくだみ茶の作り方・昔からあるお茶は効果効能がすごい!

スポンサードリンク   ドクダミは梅雨の季節に白い花を咲かせ、繁殖力の …

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)の栄養・カロリーは?旬、味や食べ方、保存方法は?

そうめんかぼちゃという不思議な野菜を見たことがあるでしょうか。 スポンサードリン …