のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

かかとのカサカサの治し方・ひび割れて血が出た時の対処法

      2017/02/22

23de5b35eacc73d149eba29c77ceb6b4_s

 

だんだんと乾燥する季節になってきましたね。

かかとは放っておくと、いつのまにか固くなり、ひび割れてしまっていることがあります。
この症状は主に角質の乾燥によるもので、新陳代謝が悪くなると角質の生まれ変わりの作業がにぶくなって、古い角質が残りやすくなるために水分をたくさん奪われている状態なのです。

足を踏み下ろすたびに走る痛みはとてつもない恐怖ですよね。

 

スポンサードリンク

かかとのカサカサの治し方

dfa890aa30bf6fd6cf4f1fd1ec320498_s

 

1.角質を取り除く
2.たっぷり保湿する

つるつるの肌は水分をたっぷり含んでいます。つるつるかかとにするには潤いを与える必要があるのですが、厚くなっているかかとに潤いを与えようとしても成分が浸透しません。

古い角質がいつまでも残っていることがかかとの乾燥を進めてしまうのですから、まずはこの古い角質を取り除くことが大事です。

体の他の部分に比べてかかとが固く感じるのは、古い角質がたくさん蓄積されているからです。

 

角質を取り除く

取り除く方法は、少しずつゆっくりと軽石や専用ヤスリでこすって角質を取り除きます。

ポイントとしては、充分に体を温めて皮膚を柔らかくしておくことです。これが不十分ですと、かかとを痛めてしまったりするので気を付けましょう。

こすり過ぎも、皮膚が弱くなって痛みを感じる場合がありますので要注意です。かかとの角質はかかとを保護するためにある程度必要なのでやり過ぎないように気をつけてください。

 

たっぷり保湿する

その後、ワセリンをたっぷり塗って、ラップします。

かかとにラップをかけたら靴下をはいて就寝します。起きたら洗い流すかふき取って、再度ワセリン、または保湿クリームを塗りましょう。

翌朝はつるつるのかかとになっていますが、かかとの具合によっては何日か連続でラッピングは行ってください。

 

>>>かかとの角質除去グッズ

drscholl

血が滲むほどのかかとがひび割れの対処法

ケアが遅れて、すでに血が滲むほどひび割れを起こしてしまったら、まずは傷を治すことを優先します。

傷があるうちに軽石を使ってしまうと悪化してしまうので、普段からのケアは傷が治ってからにします。

ひび割れ専用治療薬を塗るか、軽度であれば保湿クリームを塗り、痛みがなくなるまで靴下を履くと治りが早くなります。

 

かかとがひび割れて痛くてたまらない方への応急処置

用意するもの

保湿クリーム・白色ワセリン・ガーゼ・医療用補助テープ・綿の靴下

 

1.入浴や濡れタオルを当てるなど、かかとに潤いを少しでも与えます。
2.ひび割れをしているところに保湿クリームをたっぷりと塗ります。
3.水分が逃げないようにワセリンを付け、ガーゼを当ててテープで留めます。
4.通気性のいい綿の靴下を履いて寝ます。

 

この4つのステップで翌朝には痛くて痛くて歩けないという症状は改善しているはずです。また、これでも治らない場合は病院にかかったほうがいいでしょう。

 

スポンサードリンク

普段のかかとケア

0c0a8fee9d5f848a4197c4064a155ea4_s

 

普段からかかとのケアをすることでひび割れなどを防ぐことができます。

通常は保湿成分を配合したクリームをよくすり込んでケアします。軽石ややすりの使用は1か月に1回程度にしてください。

また、軽石ややすり以外の角質ケアとして、べろべろにむいてしまう角質パックがあります。軽石ややすりだと削りすぎが解らないと言う人はためしてみるといいでしよう。

>>>角質パック一覧

kakushitu

kakushitu2

まとめ

やすりや軽石を使うと柔らかくすべすべになるような気がして何度も使いたくなるかもしれませんが、使用は1か月に1回程度にしましょう。

使いすぎるとさらにかかとの角質が分厚くなり、ゴチゴチのかかとになってしまいます。

できるだけ新陳代謝にまかせ、保湿していくことが柔らかいかかとへの近道です。

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

魚の骨が喉に刺さったら放置したらダメ!どこの病院に行くのが正解?対処法3選

魚を飲み込んだ後喉の奥に痛みがありイガイガする…もしかして骨が刺さってしまったか …

花粉症の薬を使わないくしゃみの止め方ベスト3

スポンサードリンク   花粉症はいわゆるアレルギー症状です。鼻水と並ん …

ミュゼプラチナムは高校生でも脱毛OK!なのに断られる理由とは

夏になると面倒くさいのが無駄毛処理ですよね。私も高校生の頃に脱毛できるところがあ …

ファイトケミカルとは?効果・効能とスープの作り方、保存方法など

スポンサードリンク   近年しばしば聞くことがあるファイトケミカルもし …

猫のマダニ対処法・噛まれたらどうする?症状は?

スポンサードリンク   普段家の中で猫を飼っている人も、よく外に出して …

ゴジベリーとはどんな果物?効果・効能・カロリーと食べ方について

スポンサードリンク   ゴジベリーは、今注目を集めているスーパーフルー …

台風が来ると体調不良になるのはなぜ?症状と対策・解消法

スポンサードリンク 最近台風のニュースが目立ちます。 急な進路変更や上陸場所など …

【大人】おでこのあせもの治し方は?スキンケアはどうする?汗疹の原因は?

スポンサードリンク 汗疹と聞くと子供をイメージする方が多いかも知れませんが、近年 …

パラドゥのネイルファンデーションの口コミと評判!これがモテるネイルの決定版!

スポンサードリンク   コスパ最高でナチュラルな色味が仕事にも影響しな …

セアカゴケグモの分布は?特徴や対処法などをまとめ【動画あり】

スポンサードリンク   セアカゴケグモ…と聞くと「よくわからないけど怖 …