のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

熱中症の症状とは?対処法と予防法で暑い夏を乗り切ろう!

   

netchuu2

熱中症の症状としては、めまい、失神、頭痛、吐き気、気分が悪くなる、体温の異常な上昇、異常な発汗(または汗が出なくなる)などがあります。

熱中症においては致死率は30%に至るという統計もあり、熱中症になった場合には適切な処置が必要となります。

熱中症の種類としては熱失神(めまい一時的な失神顔面蒼白)、熱けいれん(筋肉痛手足がつる、筋肉がけいれんする)、熱疲労(全身倦怠感悪心・嘔吐頭痛集中力や判断力の低下)、熱射病(体温が高い、意識障害呼びかけや刺激への反応がにぶい、言動が不自然ふらつく)があげられます。

 

特に気温30度を超える真夏日や、湿度が高くなった暑い日には注意したい症状です。

猛暑や酷暑と言われる最近の夏、ただでさえ暑く体力が奪われているため熱中症の初期症状に気づきにくいことが多いです。少しでも「いつもと違うな…?」と思ったら、水分補給や日陰室内等涼しいところで休息をとりましょう。

 

特に小さいお子様や老人の方は自分で症状に気づくことができません。周りの人が少しでも異変に気づいたら、休息をとるよう意識してくださいね。

スポンサードリンク

 

症状と対処法

netcuu1

一口に熱中症といっても、色々な症状があることをご存知でしょうか。そもそも「熱中症」というのは熱によって起こる健康障害の総称です。

その分、症状も幅広く、大きく4つの段階に分けられています。

 

      • 熱失神 …気温が上がることで血管が広がり、血圧が低下します。めまい、一時的な失神、顔面蒼白などが起こります。
      • 熱けいれん大量の発汗によって体内の塩分濃度が下がると、脚や腕の筋肉が痛みを伴ったけいれんを起こします。筋肉痛、筋肉のけいれん、こむら返りが主な症状です。
      •  熱疲労…大量の発汗で脱水上場が起こっている状態です。倦怠感、嘔吐、頭痛、集中力の低下が起こります。
      •  熱射病…体温が上昇しすぎて、意識障害などが起こっている状態を言います。高体温、意識障害、呼びかけなどへの応答が鈍い、などが症状になります。

 

具体的なそれぞれの症状に対する対処としては

熱けいれん
・生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給します。

熱失神・熱疲労
・涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給することが重要です。

熱射病
・死の危険のある緊急事態です。集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。

スポンサードリンク

 

熱失神や熱疲労は涼しい場所で衣服を緩ませ、水分補給をすることで回復することが多いです。
熱けいれんの場合は、同じく涼しい場所で休憩しながら塩分補給(理想は生理食塩水ですが、スポーツドリンクなどでもいいでしょう)を行うことで対処できます。

一番注意が必要なのは熱射病の場合です。

意識障害が起こっている場合、自力で塩分や水分が取れないので、一刻も早く病院へ運ばなければなりません。その際、いち早く体温を下げる必要があります。

濡れタオルやアイスパックまたは氷などで首筋、わきの下、太ももの付け根など、大きな血管の集中する場所を冷やすといいでしょう。また全身に水をかけるのも効果的です。

 

いかに早く体温を下げて意識を回復させるかがその後の状態を左右するので、身体を冷やすなど現場での処置が重要です。
少し経っても症状が改善しない、吐き気などで十分な水分補給ができない、また意識障害がある場合には病院に運び、点滴を受ける必要があります。

 

熱中症にならないために

44a02110f3929be55799890dca02a44b_s

熱中症は温度の高さによって体温が上昇し、体内の水分や塩分のバランスが崩れて起こります。

そのため、炎天下はもちろん屋内にいても起こることがあるので、日ごろから水分をこまめに取ることをおすすめします。

熱中症対策として一番効果的なのは充分な睡眠と正しい水分補給です。まず体力がないとすぐに熱中症にかかります。

お子さんや老人の方が熱中症で重症化しやすい理由は「体力」です。

私の祖母の話なのですが、自分の部屋の中で熱中症になり、入院したことがありました。
老人は暑さも感じにくく、気づいたときには体が動かなかった…ということがよく起こります。
エアコンは好きじゃない…という老人は結構いるのですが、冷えすぎない程度に温度設定をしてあげてください。

大人でも夏の暑さは体力を奪います。
体調を整えておくことが熱中症対策の基本となりますので睡眠は充分とりましょう。

また熱中症対策として水分だけを摂取すればよいと勘違いしがちですが、汗には大量の塩分(ミネラル)も含まれています。適度な塩分補給を怠ると痙攣等を引き起こす可能性があります。

スポーツドリンクと共に塩飴や梅飴といったものを口に含むと良いでしょう。

炎天下でスポーツや仕事をする際には、こまめに休憩を取るのも重要です。さらに、めまいやふらつきなど少しでも体調不良を感じたら、無理をせずすぐに涼しい場所で休むのも予防になります。

 

まとめ

炎天下で太陽の日差しを遮らずに、何らかの行動を取るようなことは、熱中症を招く原因になります。

以前イベントで炎天下の中3時間以上立ちっぱなしということがありましたが、いつもより長めの睡眠、塩飴とスポーツドリンクを定期的に摂取、冷たいタオルを脇の下や首に当てることで熱中症にかかることなく終わらせることができました。

多くのイベントが開催される夏休み。熱中症にかからず楽しく元気に遊びたいものです。

熱中症の起こりそうな暑く湿気の多い時には、十分な水分と塩分をスポーツドリンクや保水液等で摂取する予防対策が一番大切な事となります。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏風邪は馬鹿が引く?!原因と症状、治し方について

スポンサードリンク 梅雨が明ければ本格的に夏が始まります。そんな夏に気をつけてほ …

猫風邪とはどんな病気?犬や人間にうつるの?自然治癒する?治療代は?

スポンサードリンク 「猫風邪」ってご存知ですか? その名のとおり、猫がひく風邪の …

壊血病とは?原因・症状・治療法、現代の日本でなることってある?

壊血病…というと某海賊漫画などで見たことがあるという人もいるでしょう。逆にあまり …

赤ちゃんをあせもから守ろう!赤ちゃんの汗疹の予防法と治療法

赤ちゃんをお持ちのお母さんの悩みにひとつに 「赤ちゃんのあせも」がありますよね。 …

ヒートショックって何?怖い症状と簡単にできる対策・予防方法

スポンサードリンク   寒い時期になると聞こえてくるのが「ヒートショッ …

急性ストレス反応とは?症状と原因、治療方法のまとめ

スポンサードリンク   先日華原朋美さんが急性ストレス反応で入院されま …

セキセイインコの暑さ対策!お留守番中は?暑い!のサインを見逃すな!

スポンサードリンク   セキセイインコは元々日本の野生にはいない外来種 …

クラゲに刺された時の症状は?応急処置の仕方・アレルギーに注意!

暑い夏の季節までもう少しですね。夏と言えばやはり海水浴ですよね。楽しみにしている …

ノロウィルスにかかったらこうなった!職場復帰までの道のり

スポンサードリンク   ノロウィルスが流行っていますね。目に見えないか …

イップスとは?どんな症状・原因は?克服のための治療法と病院について

スポンサードリンク 「スポーツをやっていて相手を怪我させてしまった!」「自分のミ …