のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

【内ももを痩せる方法】太ももの内側を細くする方法4選【動画あり】

      2017/09/02

0898964fde6426909a191c2c53fea665_s

女子が1、2位を争う痩せたい場所と言えば「太もも」ですよね。特に内ももは、ぷんたぷんじゃスキニーも似合わないしミニスカートも自信を持って履けません。

女の子はやっぱり太ももの間に隙間が欲しい!引き締めたい!!友達の中の誰よりも細くありたいっっっ!!!ていうのが本音ですよね。

私もずっとそうでしたからわかります。いえ、今だってまだまだ理想の太ももまではたどり着いていないんですけれど、でも間違いなく言えるのは、何もしないままだとどんどんだるんだるんになってしまうということです。

引き締めるための運動を意識して行うことで、体はどんどん変わっていくということ。それを実感しています。

スポンサードリンク

ストレッチでモデルのような足になれる内ももストレッチ

はい、では早速エクササイズを頑張っていきましょう。ここからは難敵である内ももをシェイプする方法の動画を紹介します。

ここで紹介しているのは簡単な初心者に優しいエクササイズです。なんで簡単なエクササイズから始めるかっていうと、初めから難易度高いエクササイズに手を出しちゃうと、絶対に続かないからです(笑)

筋トレ大好き男子みたいな自分をいじめるのが大好きっていうM体質な子以外はまずはゆるいエクササイズから慣れていきましょう。

だいたい体をいじめぬくのが好きな子は内ももたぷたぷしてないはず(笑)

 

まずは内もものストレッチから始めます。内ももは普段あまり意識して使っている場所ではないと思うので、しっかりストレッチして伸ばしていきましょう。

 

  1. 床に楽に足を延ばせるくらいのスペースで行います。まず床に座って両足を開きましょう。
  2. まず右足を内側に曲げます。
  3. そしてそのまま伸ばした脚の方へ体を倒していきます。(10秒キープします)
  4. 反対も同じように行います。簡単なので30秒くらいできる人はそのくらいやった方が効果的です。

3分間内もも引き締めエクササイズ

次に紹介するのは「簡単だけど大変」なエクササイズ。ただ、同じ動きを三分やるだけですが、私は三分続かず足ガクガクでした(笑)

 

ではいきましょう。

  1. まず足を肩幅より大きく開きます。
  2. 片足ずつ膝を曲げずに深く沈めていきます。
  3. 三分間続けるだけです。地獄です(笑)

三分間できない…と言う人は(私もです)頑張ってできるとこまで。
慣れてくるとできるようになる。。はずです。

スポンサードリンク

内ももを簡単に引締めるエクササイズ

こちらは自分が寝ても余裕があるくらいの場所で行いましょう。

 

  1. 右足の膝を立て、左足をまっすぐ伸ばします。伸ばした脚はつま先を少し外側に寝かせてね。
  2. 寝かせたほう(左足)のお尻に体重を乗せ、右側のお尻は浮かせ気味にします。そうすることで寝かせたつま先が床にしっかりつきますね。
  3. 右ひざは寝かせることなくしっかりと立てた状態でいましょう。
  4. そしてそのままの状態から左足を上げていきます。足首90度をキープして。そのまま30秒キープです。筋力が無い人にはちょっと辛いです。私も自分の足が重くてつらかったです(笑)30秒無理な場合は続けられるだけ続けて。脚が高くあがりすぎて辛いなら低くしても。
  5. 左足と同じように右足も行います。呼吸は止めずに行いましょう。内ももを意識しながら行うことも重要です。
  6. 終わったら両の足の裏を合わせて今使った筋肉を緩めていきます。身体を前に丸めるようにもっていき、あたまを下げて前後にゆすって緩めましょう。

プロが教える内ももを引き締める方法

こちらも簡単なエクササイズですが、続けていれば効果は絶対あるのであなどらないようにしましょう。どれもテレビを見ながらでもできる簡単なエクササイズなので、「ながら運動」で構わないから続けてくださいね。

こちらは寝そべるのでそれくらいのスペースが必要ですよ。

  1. まずは横になって肩の下に肘をつき、上側になった膝(動画では左足)を曲げて外側にセットします。
  2. 下側になった右足を内ももを意識しながらアップ↑ダウン↓を繰り返します。これもやるのは簡単ですが結構キます。多分肉がついていればいるほど大変なんですよね^^;
    細い友達は難なくやれてました(笑)くやしぃぃぃ。

 

ヒロミ監修第2弾!太もも痩せ、ヒップアップに美脚スパッツ【Vアップシェイプリフト】

まとめ

スキニーパンツが流行って数年たちますが、結構残念な後姿の女性は多いですよね。自分からは見えないので仕方ないのでしょうが、自分もそうだと思ったらスキニー、履き辛くなりました^^;

太もも、特に内ももは日常ではあまり使わない場所ですから、自ら意識して使っていかないといけませんね。

ぷにっとした太ももは可愛いですが、たるたるの内ももはノーサンキュー。頑張って引き締めていきましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イッテQのバターコーヒーのダイエット効果とは?バターの種類と作り方

http://item.rakuten.co.jp/kaisenshop/129 …

ヒートショックプロテインとは?その効果と入浴法のやり方

スポンサードリンク ヒートショックプロテインが発見されたのは1960年代で、名前 …

ヨーグルトプチ断食の効果とは?やり方と注意点

スポンサードリンク   普段私たちは、1日3食、多い人では4食も5食も …

【簡単】人気の乳酸キャベツの作り方!効果と食べ方を紹介

スポンサードリンク 新たなダイエット食品として注目を集め始めている「乳酸キャベツ …

プチ断食とはいったい何?その効果とやり方について

スポンサードリンク   食欲の秋とはよく言ったもので、暑い夏が過ぎ去り …

ココナッツオイルダイエットはなぜ痩せる?効果ややり方などをまとめ。

イギリスのスーパーモデル、ミランダ・カーによって、世界的に大ブームになった「ココ …

雪かきのダイエット効果が結構すごい!1時間の消費カロリーはなんと…

スポンサードリンク   雪かきって実は非常に運動量の多い作業なんです。 …

水素水とはいったいなに?効果・効能、ダイエット効果について

  近年とても話題の水素水ですがいったいどんなモノなのでしょうか? 水 …

もち麦ダイエットの方法・やり方!食べ方や量を守って失敗回避!

スポンサードリンク   もち麦は、玄米、白米よりもカロリーが低く、食物 …

プチ断食中食べていいものってあるの?失敗しないための注意点等

スポンサードリンク リバウンドしにくい、デトックスに、肌がキレイに、こんな口コミ …