のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

もぐら退治の方法はこれでばっちり!捕獲後の処理方法のヒントも

   

 

 

もぐらは日本では北海道を除く各地で生息しているとされていて、地域によって生息しているもぐらの種類が違っています。種類は違うものの、もぐらがどのような被害をもたらしているのかという点で見るとほぼ共通しています。

育てた植物がダメになってしまったらショックですよね。ではもぐらを退治するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

スポンサードリンク

もぐら退治の方法

 

・忌避剤

もぐらを退治する方法の1つに、もぐらを土に近づけない薬を入れるという方法があります。

土の中に入れるタイプや土にまくタイプなどがありますが、その薬剤がある場所にはもぐらが近づかなくなるという効果を得られます。これで土が掘られるのは防げます。

薬剤なので、使用する際には注意が必要になります。

>>>もぐら忌避剤【amazon】

 

・捕獲器

もぐらの退治方法2つ目は、モグラ捕獲器を使う方法です。もぐらは同じ場所に何度も訪れるとされていますので、何回も被害にあう場合は捕獲器を使うと良いでしょう。

この捕獲器の周辺を濡らしてミミズがつきやすいようにしておけばさらにもぐらを捕獲しやすくなると言われています。

>>>もぐら捕獲器【amazon】

 

・その他

薬剤を使うのはちょっと怖いなとか、もぐらを捕獲するのはかわいそうと思ってしまう人は、天然成分でもぐらを寄せ付けないというアイテムを使う事もできます。

唐辛子の成分を使用してもぐらを土に寄せ付けないという商品があります。土に挿し込んでおくだけでもぐらを寄せ付けないというものです。

強烈な唐辛子の香り成分がもぐらの嗅覚を刺激してもぐらが土に近づけないようにするという仕組みの商品です。この商品はもぐらが土に入ってしまってからでも使う事ができるのでとても便利ですが、効果のほどは他に比べて弱いようです。

>>>唐辛子でもぐら退治【amazon】

 

・彼岸花

彼岸花を植えるとモグラは来なくなります。彼岸花は別名しびれ花などと言われており、花にはアルカロイドという毒があります。

そのためモグラも寄り付かなくなります。ですがこの毒は人間いも害があるので植える際は必ず手袋を着用してください。

もぐら退治アイテムは色々あります。もぐらの被害から守りましょう。

 

捕獲したもぐら、どう処理したら良い?

もぐらを捕獲した場合、どのようにすれば良いのか悩むと思います。

一番良いのは、もぐらを近くの山に逃がしてあげることです。生きている場合はこの方法を選択しましょう。

逃がす場所が無いという場合は、罠にかかっているもぐらをそのまま放置しておくという方法を取る場合もあります。そうするともぐらは死んでしまいます。残酷に思うかもしれませんが、水に沈めて溺死させると言う人もいます。

死んでしまっているもぐら、死んでしまったもぐらは土に埋めてあげます。庭に埋めるのはちょっと…というのであれば、新聞にくるむなどして燃えるごみとして捨てます。

もぐらも生き物ですので、できれば逃がしてあげたいですが、どうしてもできない場合はこのような方法を取るしかないでしょう。もぐら退治の参考にしてください。

 

スポンサードリンク

日本におけるモグラ被害

 

近年モグラ被害は増加しており、モグラの習性で巣を作るために穴を掘ります、そのために畑などの作物に影響が出ています。

ですがモグラは穴を掘るだけで決して作物を食べたりするわけではありません。モグラはそもそも肉食なのでカエルやミミズなどを主食とします。

ではなぜ被害が出ているのかというと、モグラが作った穴にネズミが入り込み、その穴の上でできている作物の根を食べてしまうからなのです。

 

また。モグラの習性のせいで次のような被害があります。

  • 畑にとって益虫のミミズを食べてしまう。
  • 水田のあぜを突き破ってしまう。
  • 穴を掘るせいで、畑の水分がなくなり作物に影響する。
  • ガーデニングをしている庭がぼこぼこになってしまう。

など、このような被害が多数見受けられるのです。

もぐらの生息地と種類について

もぐらは現在北海道以外の日本全域の雑木林、野原、民家の畑など湿った土に穴を掘りそこで暮らしています。
日本には4属性7種のが生息しており、西日本と東日本とでは生息しているもぐらが違います。

東日本の主なもぐら

・アズマモグラ

■アズマモグラ

 

特性と特徴

低地の原草、農作地や山地の密林など生息していることが多く、平地性のモグラです。また、体の大きさは山地なら小柄になり平野部では大柄になります。毛並みは短く色は黒色を帯びた褐色です。

主な主食はトンネルなど光が入らないようなところに生息しているミミズや昆虫の幼虫などを捕食して食べています。

 

・西日本の主なもぐら

・コウベモグラ

■もりもり食べるコウベモグラ – 多摩動物公園

 

特性と特徴

コウベモグラはその地域に異なりますが、12mmから18mmほどの大きさになり、アズマモグラに非常によく似ています。

主に生息している場所は河川敷のような水が多きところから、畑などに穴を掘り滅多に地上に出る事はありません。
主食は昆虫、ミミズ、カエルなどを捕食して食べています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

モグラ自体はそこまでの大きな被害はないのですが、巣を作ることによりその行動自体が様々な被害を起こしてしまいます。

ですからしっかりと対策をし、大切な作物や植物を守ってあげましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イエロードッグプロジェクトとは?黄色いリボンの意味は?触っちゃいけない犬って?

スポンサードリンク 皆さん、この言葉「イエロードッグプロジェクト」を聞いたことが …

アライグマの性格は?ペットになる?食べるもの・洗う意味等の基礎知識

スポンサードリンク   みなさん、あらいぐまラスカルは知ってますか?手 …

【猫】冬の留守番中の寒さ対策!暖房器具を使う場合・使わない場合

スポンサードリンク 寒い冬がやってきます。猫は家族が家にいる場合は人間のあたって …

ハクビシンとは?被害対策や駆除方法はどうするの?

スポンサードリンク 近年その被害が深刻化している地域もあると言うハクビシンですが …

犬用ジャーキーの作り方!電子レンジでチン♪一番簡単な方法

  最近では昔より犬用の無添加ジャーキーが増えて嬉しい限りですが、まだ …

【犬】冬の留守番中の寒さ対策!暖房器具を使う場合・使わない場合

スポンサードリンク   あなたの飼っているワンちゃんは冬をどう過ごして …

キンクマハムスターの飼い方、価格や育て方の注意点とは?

スポンサードリンク   ペットを買いたいけれど、犬や猫はお世話が大変そ …

サメに 襲われたら?!逃げる?殴る?特徴・性格を知って対処しよう!

  海水浴やサーフィンなど、マリンスポーツを楽しむ人達が気をつけなけれ …

猫のマダニ対処法・噛まれたらどうする?症状は?

スポンサードリンク   普段家の中で猫を飼っている人も、よく外に出して …

アライグマは外来種なのに何故日本にいる?撃退・駆除対策と捕獲後

前足で持った果実を洗ってから食べる仕草がかわいい、と評判のアライグマ。実はアライ …