のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

赤ちゃんはビニールプールはいつから入れるの?水温やオムツの疑問

      2019/03/22

149194

最高気温が25度を超えると、もう結構な暑さですよね。

大人も暑いですが赤ちゃんも暑い!

30度を越えたら赤ちゃんなんて汗だくで、ちょっと可哀想なくらいになってきます。

そんな時に思うのが「そろそろプールにはいれるかな?」ということではありませんか?
もちろんオムツが取れていないと市民プールなどはNGですが、おうちのプールなら誰にも迷惑かけることなく遊べます!

暑い時期しかできない遊びでママ・パパ、赤ちゃんで楽しみましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんのビニールプールデビューはいつから?

124863

さて、一番に気になるのは「赤ちゃんがどれくらいになったらプールで遊ばせてもいいのか?」ということですよね。

基本的に「お座りができるようになったら」というのが正解のようです。

プールと言っても座った状態で手で水をパシャパシャといじる程度の遊びです。
それでも赤ちゃんにとっては充分楽しいですから、ちょっとしたおもちゃやジョウロなどを用意して、水遊びを楽しんでください。

 

注意したいのは水量です。
赤ちゃんは簡単に溺れてしまいますから、水は数センチ程度しか入れないこと。
そして大人が片時も目を離さないでくださいね。

 

水遊びは体力を意外なほど使います。
10分くらい遊んだら休憩して様子を見ましょう。赤ちゃんは楽しくていつまでも遊びたがるかもしれませんが、30分くらいしたら終わりにします。
お昼寝もたくさんしてくれますよ^^

プールの水はプールで遊ぶごとに変えましょう。
水を抜いたらざっと洗って日に晒しておけば日光消毒になります。

 

ビニールプールの温度(水温)は何度が適温?

126208

さて、プールに入れる前にまず水温を確かめましょう。いくら猛暑だったとしても水が冷たすぎるのは絶対NGです。

25度以上が適温とされていますが、赤ちゃんの場合だともう少し高くてもいいかなと思います。ぬるめのお風呂程度だと思って下さい。

また、身体を触ってみて冷たくなっていたらプールからいったん出しましょう。10分ほど休憩して、まだ遊び足りないようならまた入れてあげましょう。合計して30分くらいで充分です。

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、大人がきちんと管理してあげてくださいね。

 

屋外でのプール遊びの注意点

 

お庭やベランダなどでのプール遊びは楽しいですが、気をつけなくてはいけないのが直射日光です。

日焼けは火傷と同じですから木陰やパラソルなど、日陰を作ってその下でプール遊びをしましょう。
日光を浴びるのはそれだけで体力を消耗しますから、気をつけてあげましょう。

 

スポンサードリンク

水着?おむつ?素っ裸?

お家のお風呂での水遊びなら素っ裸でかまいませんが、プールだとどうしよう・・という方もいるかもしれませんね。

水遊び用のオムツだけ、という方もいれば赤ちゃん用の水着を着せる方もいます。

 

日影でも日焼けが気になるのでしたら赤ちゃんでも使える日焼け止めを塗ってTシャツやラッシュガードなどを着せるのもいいですね。

万全な対策をとりたい!というなら帽子を被せるのも◎
日よけ布付きのスイムキャップもあります。

>>>日よけ付きスイムキャップ【楽天市場】

どこまで日光から守ってあげるかはお家によりますが、あまりガチガチに対策をとると、嫌がる子もいるので、ほどほどにしましょう。

もちろん日光にアレルギーがあるという場合は万全に対策をとってあげてくださいね。

 

まとめ

初めてのお子さんだと特に気になるプール遊び。特に近年は猛暑・酷暑と言われ35度以上の地域もあるくらい、暑くなっています。
暑くなりすぎると赤ちゃんは不機嫌になりますし、かといってあまりエアコンの温度を下げるのも…。

プールで水遊びをしたらリフレッシュできますし、赤ちゃんも心地よい疲れですぐに眠ってくれます。何よりご機嫌なわが子を見るのは親としてとっても嬉しいですよね。

とはいえプールは危険もありますから、絶対に目を離さず楽しく水遊びしましょう。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

男性の日傘は恥ずかしい?男性の日傘はお洒落でおすすめです!

太陽が照ってくると、女性は日傘をさす方が多いですよね。 日焼けや紫外線対策もそう …

赤ちゃんの歯磨きはいつから?開始の時期・やり方をまとめ

スポンサードリンク 赤ちゃんの歯磨きは本当に大切です。しかしやはり赤ちゃんも口の …

赤ちゃんをあせもから守ろう!赤ちゃんの汗疹の予防法と治療法

赤ちゃんをお持ちのお母さんの悩みにひとつに 「赤ちゃんのあせも」がありますよね。 …

暑中見舞いはいつからいつまで?残暑見舞いは?喪中のときは?

スポンサードリンク 夏になると「かもめーる」などのように暑中見舞いのハガキが販売 …

やぶ蚊とは?普通の蚊との違いは?対処方法と対策・撃退法

スポンサードリンク やぶ蚊はヤブカ属というカテゴリに分類される蚊の総称で、ヒトス …

猫の暑さ対策!暑さに強い?弱い?エアコンを使う・使わない場合の注意点

猫を飼っている方、とくに日中仕事で家に誰もいないという場合など、猫の暑さ対策は気 …

赤ちゃんの暑さ対策【お出かけ編】抱っこ紐(おんぶ紐)とベビーカー

暑い夏は赤ちゃんを持つお母さんにとって、お出かけするのが大変です。 スポンサード …

そうめんのカロリーは?薬味はどうしてる?付け合せ・おかずは?

スポンサードリンク 夏といえばそうめんですよね。 夏休み中、お昼ご飯がほぼ毎日そ …

ミュゼプラチナムは高校生でも脱毛OK!なのに断られる理由とは

夏になると面倒くさいのが無駄毛処理ですよね。私も高校生の頃に脱毛できるところがあ …

夏風邪は馬鹿が引く?!原因と症状、治し方について

スポンサードリンク 梅雨が明ければ本格的に夏が始まります。そんな夏に気をつけてほ …