のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

ハリーポッターとアズカバンの囚人 映画 あらすじ

      2019/04/10

019988

ハリーポッターとアズカバンの囚人【amazon】

あらすじ

ハリー・ポッターはホグワーツ魔法魔術学校の3年生になりました。

夏休みになり、叔母夫婦の元へ帰省するのですが、そこに叔父の妹であるマージがやってきます。
マージからの嫌がらせや両親への屈辱などに腹を立てたハリーはマージに魔法をかけ、家を飛び出すのでした。

 

ホグワーツ魔法魔術学校の敷地外での魔法は禁止されていて、1度は規則違反の警告も受けているハリーは今度は退学かもしれないと怯えるのですが、魔法省大臣のコーネリウス・ファッジはそれを咎めることはしませんでした。

夏休みの最終日にウィーズリー一家やハーマイオニーと再会するハリー。
そして、その夜にウィーズリー夫婦から「アズカバン」を脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙っていることを知るのでした。

シリウス・ブラックはヴォルデモートの部下であり、昔は自分の父親の親友でありながら父親を裏切り、それが原因で両親がヴォルデモートに殺された事を知ります。

ハリーはその事実に不安な夜を過ごしながらも新学期を迎えることになるのでした。

 

しかし、新たに赴任してきた「闇の魔術に対する防衛術」教授のリーマス・ルーピンとシリウス・ブラックから父親を裏切ったのがピーター・ペティグリューであり、鼠の姿となってロンのペット「スキャバーズ」となっている事を知ります。

その後、ピーター・ペティグリューを捕まえる事に成功するのですが、満月の日に狼となって暴走したリーマス・ルーピンにより、その場が混乱してしまい、その隙に逃げられてしまいます。

 

結局ピーターを逃してしまい、ブラックの汚名を晴らすことはできませんでした。
しかしダンブルドア校長の助言により、逆転時計で空飛ぶ馬ヒッポグリフを使い、ブラックを逃亡させることはできました。

 

スポンサードリンク

感想

ストーリーはどんどんシリアスな方向へと向かっていっています。
怪しげなスネイプの過去や、両親の死の真相なども明らかになったりと少しづつ架橋に向かっていっています。

ハリーだけでなく、その前の世代から続いている因果関係についても少しずつ明らかになっていく回だったように思いました。

ダズリー一家からは肉親の愛情の欠片さえ感じられなかった孤独なハリー。名付け親ブラックはそんなハリーの心に温かい火を灯します。それどころかいったん灯った火はこの後の作品で火傷しそうなほど熱く燃え上がります。

ロンやハーマイオニーたち親友の友情はもちろんずっとハリーを支え続けますが、ハリーとブラックの間に交わされる親子にも通じる愛情は今後の展開を想うほどに観ていて切なくなってきます。

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

風の又三郎 あらすじと感想

スポンサードリンク 関連

蜘蛛の糸【芥川龍之介】あらすじ

スポンサードリンク 関連

太宰治【人間失格】あらすじと感想

スポンサードリンク 関連

蟹工船【小林 多喜二 】あらすじと感想

スポンサードリンク 関連

太宰治【斜陽】あらすじ

スポンサードリンク 関連

アルジャーノンに花束を・あらすじと感想

スポンサードリンク 関連

アンネの日記・あらすじと感想

スポンサードリンク 関連

銀河鉄道の夜 あらすじ・感想

スポンサードリンク 関連

クリスマスキャロル【チャールズ・ディケンズ】あらすじ

スポンサードリンク 関連

【悲報?】かぐや様は告らせたい実写・橋本環奈、初共演の平野紫耀を絶賛【朗報?】

King&Prince平野紫耀(22)が、映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの …