のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

赤ちゃんをあせもから守ろう!赤ちゃんの汗疹の予防法と治療法

      2019/04/10

095004

赤ちゃんをお持ちのお母さんの悩みにひとつに
「赤ちゃんのあせも」がありますよね。

体温が高くて汗っかき、それでいて肌が弱い赤ちゃんは、大人の何倍もあせもが出来やすいです。赤ちゃんはもちろん自分で対策・対処はできないので、大人がケアをしてあげなければいけません。

特に夏になると赤ちゃんのあせもにはかなり気を付けなければなりません。

では、どのようなケアをしてあげればいいのでしょうか。大切な赤ちゃんのために、適切なケアの方法を考えましょう。

スポンサードリンク

なぜ赤ちゃんにはあせもができやすいの?

094835

汗腺中に汗がたまり、炎症が起こると出来るのがあせもです。
ひたい、頭、わきの下、背中など汗をかきやすい部分によくできます。

 

赤ちゃんの体には大人と同じだけの汗腺があり、汗をよくかきます。さらに、大人は自律神経の機能である程度体温の調整ができますが、赤ちゃんはまだ機能が未熟で汗でしか体温調整ができません。

大人は暑い時に自分で熱を逃がすような行動を取ることができますが、赤ちゃんにはそれができません。

そのため、大人以上の汗をかくので赤ちゃんはあせもが出来やすいのです。
そして自分で汗を拭うことも出来ませんから大人が気を付けてあげなくてはならないのです。

 

予防法

033147

そもそもどうして汗疹はできるのでしょう?
汗疹の原因は汗の出る汗腺が何らかの理由(汚れなど)により詰まってしまい詰まった汗が皮膚内に溢れ出し、そこが炎症を起こしてしまうのが原因です。

つまり、あせもを防ぎたければ汗をマメに除去してあげれば良いのです。
そのためには、まず肌を清潔にすることです。

 

赤ちゃんが汗をかいたら拭いてあげる。

脇や内股など、汗の溜まりやすい場所は意識して拭いてあげましょう。見落としがちですが、首の後ろも忘れずに。これを心がけるだけでも随分と違います。

 

必要以上に服を着せない。

体温が高い赤ちゃんと大人とでは感覚が違うので、始めは調節が難しいと思います。
赤ちゃんが汗をかき過ぎていないか、よく見ていてあげてください。

 

汗をかいたら着替えさせる。

汗が染みた服をそのままにせず、洗濯をしたキレイな服に着替えさせてあげることによって、肌を清潔に保てます。

 

 

夏場はシャワーの回数も増やしてあげてください。お風呂で遊びがてら汗を流したり、その後ベビーパウダー等を利用すのも良いでしょう。

日本の夏は温度と湿度が高めで汗をかきやすくあせもができやすいので特に注意が必要です。
クーラーを使って汗をあまりかかないようにしたり、汗を吸ってくれる半袖、半ズボンをはかせるのも効果的です。

首の後ろや背中の汗には、汗とりパッドを利用するのも効果的でしょう。夏には何枚か揃えておくと安心です。

スポンサードリンク

 

治療法

096924

さて、気を付けていても赤ちゃんがあせもになってしまうことはあります。
あせもになってしまったら素早く治療してあげることが大切です。

赤ちゃんに汗疹が出来てしまった時は皮膚科に行くのも一つの選択肢ではありますが家庭でのスキンケアで治ってしまう事が多いので慌てずにスキンケアしてあげましょう。

小さな白いブツブツができている段階であれば自然消滅しますので予防のときと同じように、清潔にして汗をしっかりと拭いたり流してあげることで治りが早くなります。
とにかく肌を清潔に保つこと、汗をかいたら柔らかい布で拭き取ってあげる事です。

衣類もまめに着替えさせてあげて下さい。
可能な限りでシャワーの回数も増やしてあげましょう。

 

一般的にあせもとして認識されている皮膚が赤くなりかゆみをともなうような症状の場合はステロイドを使用することがあります。

このタイプのあせもは自然になおそうと放置していると自分で掻きむしってしまい症状がひどくなってしまう可能性があります。

とびひなどになる前に病院へ行き、早めに治療してあげることが大切です。

程度が軽い場合は非ステロイド系の塗り薬を塗って直しますが、ひどい場合には抗生物質が処方されます。

あせもが悪化した場合でも薬を使えば治すことはできますが、傷跡などを残さないためにも早めの治療が大事です。

後はなるべく汗を沢山かかない様に、エアコンなどで赤ちゃんが快適な室温をキープしてあげてください。

赤ちゃんのあせもの関連記事はこちら

>>できてしまった赤ちゃんのあせも対策!市販薬は?病院は何科に行く?

まとめ

あせもになってしまった場合は素早い治療が必要ですが、そもそもは予防してしまうことが一番です。

あせもを予防するためにはとにかく汗をかいたままにしないことです。

とにかく夏場は汗をかきやすい季節ですので、より注意してあげましょう。

改めて聞くとどれも当たり前のことのように思えます。しかし、赤ちゃんにとっては非常に大切なことなのです。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

夏バテの原因と症状は?食事はどうする?対策・解消法で夏を乗り切る!

今年も暑い季節がやって来ますが、夏バテ対策は必須ですね。 熱さに弱ければなおのこ …

【2019】半夏生とは?タコを食べる理由と半夏雨について

スポンサードリンク 半夏生、という言葉を聞いたことはありますか?地域によってはそ …

【カミソリ負け】足のぶつぶつの治しかた

スポンサードリンク 足の毛を剃ったときに、ブツブツができるなど、カミソリ負けして …

猫の暑さ対策!暑さに強い?弱い?エアコンを使う・使わない場合の注意点

猫を飼っている方、とくに日中仕事で家に誰もいないという場合など、猫の暑さ対策は気 …

赤ちゃんの紫外線対策はいつから?日焼け止めは使う?くる病は大丈夫?

スポンサードリンク   赤ちゃんの首がすわる3,4ヶ月頃から、外出がし …

【グロ注意】手の甲にあせもができたので市販薬で治した話【画像あり】

今年の夏は暑かったですね。もうすでに過ごしやすい気温になっていますが、また台風が …

暑中見舞いはいつからいつまで?残暑見舞いは?喪中のときは?

スポンサードリンク 夏になると「かもめーる」などのように暑中見舞いのハガキが販売 …

あせもをできるだけ早く治す方法!

あせもは、汗をかいたまま放置したり、通気性の悪い服を着て汗腺を詰まらせることが原 …

日焼け止めのSPFとPAってなに?塗り直しは?使用期限てあるの?

暑くなってくるとしっかりとやっておきたいのが紫外線対策です。 スポンサードリンク …

自転車に赤ちゃんを前乗せするのはいつから?後ろは?抱っこ・おんぶ紐は?

  自動車の運転は苦手だったり駐車場がない場所や、近場への移動に便利と …