のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

夏風邪は馬鹿が引く?!原因と症状、治し方について

      2019/04/10

2e0773337eb06153c22fe920fe432529_s

梅雨が明ければ本格的に夏が始まります。そんな夏に気をつけてほしいことが夏風邪です。

夏風邪は長引くと言われており、気をつけないと長く苦しめられてしまうことになってしまいます。では夏風邪とは一体どのような症状なのでしょうか?

今回は引くととても辛い夏風邪について
まとめていきます。

 

スポンサードリンク

夏風邪の症状

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

夏風邪の症状は多岐にわたります。

代表的なものが

・高熱
・のどの痛み
・せき
・おう吐
・下痢
・目やに
・発疹
・だるさ

等、とても辛いものが多いです。

夏風邪の症状は一見クーラー病と似ています。なぜなら、夏風邪の主な症状は下痢や腹痛なためです。
このような症状はクーラー病にもみられますよね。しかしこのような症状がずっと続く場合は夏風邪の可能性が高いです。

別の症状としては喉の痛みや発疹などがあります。高温・高湿な夏にこのような症状が出る場合は、夏風邪を疑ってみてください。

 

夏風邪の原因

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_s
風邪というのは基本的に冬にかかるイメージがありますが夏にもひいてしまう方いるのも事実。

夏風邪はバカがひくなんて根拠のない事を言う人もいますが夏風邪は単純に夏の気候が好きなウィルスによって引き起こされる風邪なのです。

 

長引く夏風邪の原因はほぼウイルスです。夏風邪の原因となるウイルスであるエンテロウイルスアデノウイルスは冬に引く風邪のウイルスとは違い、高温・高湿な環境で活発化します。

従って、高温・高湿である夏にはこれらウイルスの動きが活発化し、夏風邪を引き起こしてしまうのです。

また、エアコンの効きすぎた室内に長時間滞在することから、室外と室内の急激な温度差に体がついていけなくなり、自律神経の乱れを引き起こします。

自立神経の乱れにより、免疫力が下がってしまい風邪を引きやすくなってしまうことも原因の一つです。

 

スポンサードリンク

夏風邪の治し方

1f9f46b48fddfae99f58bcf0c8c74ec6_s

そんな夏が大好きなウイルスに侵されてしまった時の治し方ですが、基本的には冬の風邪と一緒で完全に治る薬というのは存在しません。

よって冬の風邪と同様に自己回復力での治療となります。

夏風邪は夏の暑さで体力を奪われてしまったり夏の暑さにまかせ遊び過ぎてしまったりと疲れが溜まった時に感染しやすい様です。

そんな夏の疲れを癒し体の免疫を正常に戻す事が夏風邪の治し方なのです。

免疫力が下がっている状態なので、睡眠を十分に取り、湯船に浸かり体温を上げることで免疫力を高めましょう。
まずはゆっくりやすみ、きちんとした食事で栄養をとり、水分を多くとり、熱を下げることです。

 

■クーラー・エアコンはどうする?

体が冷えきり、自律神経が乱れるからといって、クーラーを全くつけないのも問題です。

汗を過度にかき、高温・高湿な状態になっては意味がありません。エアコンを使って冷えすぎない程度に温度調節をするようにしましょう。

部屋の温度は気温を下げすぎず、あげすぎず、タオルケットなど掛け布団は必ず使いましょう。

 

扇風機を使う場合は、扇風機を同じ角度に固定ぜず、必ずスイングさせましょう。
夏風邪に限らず、扇風機を一方向に固定したまま寝ると、急激に体温が下がり心臓がショックを受けるので、これは絶対にやめましょう。

 

check!汗をかいたら、必ずタオルで汗を拭きましょう。

そのままにしているとかいた汗が冷えて、さらに体温を奪っていきます。せっかく治りかけていてもこうなっては元の木阿弥ですから、できればタオルで拭いたあと、下着を取り替えると一番良いです。

頭が痛い場合はドラッグストアに売っている、フリーザーで凍らしても柔らかい氷まくら(くりかえし使えるもの)が便利です。タオルに巻いて使うと、頭痛が楽になります。

食欲がない場合は、うどん、おじや、プリン、ヨーグルト等が食べやすいです。
夏風邪は治りにくいですが、しっかり栄養をとって治しましょう。

睡眠、栄養のある食事(食べ過ぎはNG)をしっかり取れば自然と良くなります。

ただ、症状が酷いまま良くならないようでしたら、もしかしたら風邪をこじらせているかもしれません。そんな時は無理せず症状ごとの薬を貰う為にもお医者さんに行きましょう。

 

まとめ

ウイルスに感染してしまえば症状に合わせた対応をするしかないのですが、何より予防が大切です。暑い戸外と冷房の効いた室内の温度差は自律神経を狂わせるのでカーディガンなどを携帯します。

冷たい飲み物ばかり飲まずに、温かい飲み物を取るようにしたり、シャワーでなく湯船に浸かるようにしたり、夜は氷枕などを使ってエアコンの温度を上げ、体を冷やし過ぎずにぐっすり眠れるよう工夫をしたりしましょう。

また、冬の風邪と同じくウイルスが体の中に入らないよう手洗い・うがいを心がける事も大切です。

夏は汗をかいて体力も奪われがちですから、栄養をしっかりとって暑い夏を乗り切りましょうね。

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

扇風機で死ぬのは都市伝説?使い方次第で健康被害も

スポンサードリンク 扇風機をつけたまま寝てしまうと死んでしまう、そんな噂を聞いた …

ナルコレプシーは遺伝する?検査はどこの病院でどんな治療を?注意点は?

スポンサードリンク 夜、しっかりと寝ているはずなのにどうも日中に強い眠気が遅いそ …

冬季うつ病とは?症状と原因、治療方法を知って冬を乗り切ろう

  『うつ病』という言葉が社会に浸透して、かなりの時間が経ちました。 …

緑黄色野菜の定義とは?淡色野菜の違いと効果的な食べ方

スポンサードリンク   毎日野菜を食べていますか?外食が続いたり、イン …

【多汗症】わきの手術の費用はいったいどれくらい?副作用はあるの?

スポンサードリンク   多汗症とは体が熱く感じているわけでもなく、運動 …

実は怖い?!サザエさん症候群とは?対策と克服法を知り重症化を防げ!

スポンサードリンク   サザエさん症候群という言葉を聞いたことはありま …

金縛りの原理とは?!息苦しさや霊や耳鳴りの謎、解き方は?

  スポンサードリンク   夜、いきなり目が覚めて、目覚めて …

クーラー病とはいったいなに?症状と予防・対策方法

いよいよ夏本番、今年もクーラーが必要な時期になってきました。ここで注意してほしい …

正月ボケで眠い…仕事に支障が出る前に解消方法のヒント4選

スポンサードリンク 新しい年がスタートし、心機一転頑張ろうと思っているのに、なん …

イッテQのバターコーヒーのダイエット効果とは?バターの種類と作り方

http://item.rakuten.co.jp/kaisenshop/129 …