のらりくらり

のらりくらり生きていてつまづく疑問を少しでも解消できますれば。

*

クーラー病とはいったいなに?症状と予防・対策方法

      2019/04/10

136066

いよいよ夏本番、今年もクーラーが必要な時期になってきました。ここで注意してほしいことがクーラー病です。

クーラーがよくきいており、涼しく快適な部屋なのにもかかわらず、頭痛がしたり、食欲が出なかったりということがありませんか?そのような場合は、クーラー病かもしれません。

クーラー病、可能なら自前に対策を取り、防ぎたいですよね。

夏になるとよく聞く言葉「クーラー病」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?

スポンサードリンク

クーラー病とは・原因

082245

クーラー病は冷房病とも言われていますが正式な病名ではありません。

過ごしやすい冷房の効いた場所と30度以上もあるアウトドアとの行き来を繰り返すことにより起きる体調不良と言われていますが、体調不良と冷房の関連ははっきりしておらず、また日本人だけの観念のようです。

とは言え実際体調不良を訴える人は多数います。
冷房を使う夏に出る症状ですが、放置してしまうと慢性化する可能性もあります。

クーラー病になってしまう原因はずばり、外と冷え切った室内との温度差に体が対応しきれなくなってしまうことです。

外気と冷房のきいている室内との温度差に体がついていかず、自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因です。

 

夏の季節は外気が30度を超え、オフィスや店舗など室内は、20度台に保たれていることが多くなります。涼しすぎる屋内で長時間を過ごし、暑い外に出ることを繰り返していると、体の体温調節機能がおかしくなり始めます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経という2つの神経があるのですが、交感神経は体温を下げるためにあり、副交感神経は体温を上げるために機能します。ですが、交感神経と副交感神経が本来の働きをできなくなって、様々な症状を引き起こします。

人の自立神経は5℃以上の気温の急激な変化に対応できないため、それを繰り返すと交換神経と副交感神経のバランスが保たれず自律神経失調症と類似の症状がでるようです。

ただし、冬も同様の温度差がありますが厚着によって体温調節機能が補われるので、夏のようなこれら症状は発症しにくいようです。

 

症状

クーラー病の症状は、具体的には

・体の冷え
・むくみ
・疲労感
・肩こり
・頭痛
・神経痛
・腰痛
・腹痛
・食欲不振
・便秘
・下痢
・不眠
・頻尿
・鼻炎
・月経不順

など様々な症状があります。

男性よりも女性に多く冷え性の症状に似ています。

症状が悪化してしまうと、冷房のついた部屋や車に入るだけでクーラー病の症状があらわれたりするこもありますので、軽く考えずに対策をしっかりとりましょう。

 

スポンサードリンク

予防・対策

166077

予防対策としては、

・規則正しい生活
・ストレスの回避など自律神経の機能を整える
・一日中クーラーを入れっぱなしにしない
・クーラーの設定温度を少し上げる
・冷風が直接皮膚に当たらないようにする

などがあげられます。

クーラーの設定温度は外気との差を5度以内にしましょう。

例えば外気温が33度ならエアコンの温度設定を28度くらいまでにします。

 

しかしオフィスや店舗がどんなに寒くても、自分の好みの室温にできないこともあります。

そこで、クーラーが効いている部屋で長時間過ごすなら、長袖のシャツを着たり、冷たいものを控え、温かい飲み物を飲むようにしましょう。
オフィスには長袖シャツを持参するようにします。

冷気は床の方にたまりますので、ひざ掛けを用意したり、可能ならレギンスやタイツなどを履くなど、下半身を温めるようにすると良いでしょう。

 

普段の生活では軽く汗をかく運動をして体温調節機能を刺激するということも有効な方法です。ドライヤーで首筋を温めるという民間予防法もあります。

普段から常温~温かい飲み物を飲んだり、ゆっくりお風呂につかるのもクーラー病に効果がありますよ。

 

まとめ

クーラ病が一旦発症した場合も予防対策と同様のことを実行して、それでも症状や痛みが緩和しない場合は速やかに医療機関を受診することも必要かもしれません。

誰でも簡単になってしまう可能性があるクーラー病だからこそきちんと対策を取り、症状が出た場合には適切な対処を取り向き合っていくことが必要ですね。これからエアコンを使用する頻度が増えますが、クーラー病にならないように頑張りましょう。

 

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

エボラ出血熱とはどんな病気?感染経路・予防方法は?自己申告制ってほんと?

スポンサードリンク   エボラ出血熱とはエボラウイルスによって引き起こ …

【多汗症】わきの手術の費用はいったいどれくらい?副作用はあるの?

スポンサードリンク   多汗症とは体が熱く感じているわけでもなく、運動 …

瘀(お)血とは?原因・症状と瘀血に良い食べ物悪い食べ物

スポンサードリンク 季節が寒くなるに従いどこからともなく(テレビかな?)聞こえて …

【動画あり】離岸流とはなんのこと?見分け方と対処法

スポンサードリンク   夏になると切っても切り離せないのが海水浴ですが …

【2015】船橋市民祭りの日程・アクセスは?見所などのまとめ

スポンサードリンク   船橋市民祭りは、毎年50万人以上の人が訪れる、 …

赤ちゃんの蚊対策とは?蚊からの感染て?刺されたらどうする?

スポンサードリンク ぷくぷくした柔らかい肌は、蚊の絶好の標的です。体温が高く汗か …

夏バテの原因と症状は?食事はどうする?対策・解消法で夏を乗り切る!

今年も暑い季節がやって来ますが、夏バテ対策は必須ですね。 熱さに弱ければなおのこ …

悪酔いしないお酒の飲み方は?お酒の種類は?ちゃんぽんはなぜ悪い?

悪酔いしないためには、自身の代謝能力以上にアルコールを摂取しないこと! …ですが …

やぶ蚊とは?普通の蚊との違いは?対処方法と対策・撃退法

スポンサードリンク やぶ蚊はヤブカ属というカテゴリに分類される蚊の総称で、ヒトス …

マダニに咬まれた時の対策とは?症状や感染症など、気をつけることのまとめ。

マダニはふとんの中に生息しているダニとは違い、屋外のいたるところに生息しています …